最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 松山さんの講演会へ | トップページ | 逃げ恥最終回を見て考えた »

2016年12月23日 (金)

【本】『ゴールデンスランバー』




演劇集団キャラメルボックスの芝居の影響で、『ゴールデンスランバー』を久しぶりに再読しました。
小説、年に数冊しか読まないので、貴重な一冊です。
改めて、伊坂幸太郎さんの小説は面白いなあ、と今更ながらの感想になります。
首相暗殺の濡れ衣を着せられた主人公がひたすら逃走する話なのですが、芝居を見て改めて感じたのは、語り方の絶妙さ。時系列が結構入り乱れているのですが、混乱することなく、むしろ心地よく読み進められます。
そして、最後に父親に届く手紙。いいわあ。

« 松山さんの講演会へ | トップページ | 逃げ恥最終回を見て考えた »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/68962561

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『ゴールデンスランバー』:

« 松山さんの講演会へ | トップページ | 逃げ恥最終回を見て考えた »