最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 本とコーヒーtegamishaさんに行ってきました。 | トップページ | 【本】『愚行録』 »

2017年1月17日 (火)

「恋妻家宮本」からタイトルの難しさを考える




先日、「恋妻家 宮本」の試写に行ってきました。
「家政婦のミタ」などで知られる脚本家、遊川和彦氏の初監督作品です。
ちょっと面倒くさい作品かな、と思っていたのですが、そんな予想とはまるで異なる面白い作品でした。途中で何度か、会場の笑い声が聞こえてきました。それでいて、ところどころしんみり考えさせられます。
自分の人生、別の選択肢があったのでは? という、ある程度の年齢になったらだれもが抱く思いに向き合い、ひとつの答えを出してます。いいなあ。
阿部寛さんと天海祐希さん扮する夫婦が停電に遭遇するシーンがあるのですが、停電が終わった瞬間の描写が秀逸。菅野美穂さんと阿部寛さんが酒を飲むシーンも描写だけで面白い。
最初と最後はファミレスが舞台なんですが、最後のファミレスは映画ならではのシーンとなります。楽しい!
ただ、タイトルは原題どおり「ファミレス」でもよかったのでは。「恋妻家」じゃあ、この映画の面白さが伝わらないのではないか、と。それだけが心配です。
つまり、タイトルは難しいという話で、本も全く同じです。良かれと思ってつけるんですが、実はその本の面白さを伝えきれてないタイトル。担当本にもあるんだろうなあ。

« 本とコーヒーtegamishaさんに行ってきました。 | トップページ | 【本】『愚行録』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/69279315

この記事へのトラックバック一覧です: 「恋妻家宮本」からタイトルの難しさを考える:

« 本とコーヒーtegamishaさんに行ってきました。 | トップページ | 【本】『愚行録』 »