最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 宣言ひとつ | トップページ | その著者さん、どうやって見つけたんですか?』 »

2017年1月27日 (金)

「魅せる技術」を語るデザイナーさんが最も強調したのは

Photo


Photo_2

昨夜、日本編集制作協会が主催する「編集教室」に参加しました。
講師はデザイナーの川上成夫さん。スタジオCGSを主宰されてます。
スタジオCGSにはこやまたかこさんというデザイナーさんもいらっしゃって、
こやまさんには時々お仕事をお願いしてます。
玄関にスタジオCGSが最近手がけた本がごそっとおいてありまして、
それを見るたびに「この本もここでデザインしてたのか!」と思います。

というわけで、川上さんの実作を見ながら話をお聞きする、
というスタイルでしたが、冒頭でおっしゃっていたのが、
「タイトルの重要性」。

生命力のあるタイトルを作る、あるいは著者から引き出すのが編集者の仕事であり、
それができるかどうかが大事。
とのことで、まさかここでタイトルの重要性が出てくるとは。

川上さんの場合、決定タイトルではなく、
タイトル候補数本を持ってきてもらったほうがデザインしやすいのだとか。
デザインしてみると、よくないと思っていたタイトルがよかったり、
逆に良いタイトルがデザインするといまいちだったり、
するからなのだそうです。

そういえば、帰りがけに他社の編集者さんに再会し、
ちょっとだけしゃべったのですが、
このブログを時々読んでくださっているそうで、
ありがたい限りです。
他社の方は時々「読んでますよ」とおっしゃってくださるのですが、
弊社の後輩からはほとんど聞いたことがない…。


« 宣言ひとつ | トップページ | その著者さん、どうやって見つけたんですか?』 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/69393266

この記事へのトラックバック一覧です: 「魅せる技術」を語るデザイナーさんが最も強調したのは:

« 宣言ひとつ | トップページ | その著者さん、どうやって見つけたんですか?』 »