最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 長い1日 | トップページ | 東洋経済オンラインの記事が! »

2017年2月17日 (金)

メールアドレス、集めてますか




昨日の記事に書いたとおり、
昨夜は某メールマガジンの筆者の方主宰の食事会でした。
参加者6人のこぢんまりとした会でしたが、
それだけに、ここだけの話が満載でした。

そして、思いがけず、私の仕事のヒントも。
ひとつは、出版社だからできる新商品の話。
これは、これからやるべきことが多すぎて
今はまったく形になってないので
(ま、昨日はじめて聞いたんですから当然ですが)
もう少し形になったところで、
ブログに書きたいと思います。
というか、少しでも形になるといいのだけれど。

もうひとつは、
お客さんとの接点をもっと増やしたほうがいい、
という話で、
サイン会とか講演会もそうですが、
読者のメールアドレスを集めて、
そこに向けて情報発信をした方がいい、
ということ。

これに関しては、以前にも書いていますが、
杉浦さやかさんのファンの人たちのメールアドレス、
というのはある程度集まっています。
あと、英語学習者のアドレスも。
なので、
杉浦さんの新刊や、英語学習の本を出すときは、
その人たちに情報発信しています。
そして、それなりに効果があると思っています。
(情報発信させていただきます、ということは事前に告知してます)

同様に、他の著者さんでもできればいいのですが、
弊社に限らず、出版社の出す本、ジャンルがバラバラだからなあ。
これが、ビジネス書メインの出版社さんなら、
「次に出るビジネス書はこんな本ですよ」
という情報発信も意味があると思いますが、
弊社のように、
「来月は英語の本ですよ。その次はダイエットの本です。
さらにその次は世界史の本を出します」という感じだと、
読者も戸惑うだろうなあ、と。

と書いていて考えが鮮明になってきたんですが、
出すジャンル、バラバラではありますが、
それでも弊社なりに、得意ジャンル、多めに出すジャンルというのはあるわけですよ。

ぱっと今思いつく範囲で書くと、
「ビジネス書」
「歴史関係」
「女性向けの本」

この3本に絞って、読者のメールアドレスを集める、
というのはできるかも。

例えば、ビジネス書を出す際には、
無料の音声ファイルかPDFを特典につけて、
メールアドレスを書き込んでくれた人だけがダウンロードできるようにする。

これを何回か繰り返すことで、
そのジャンルに興味を持っている読者のメールアドレスが
たまっていくのではないか、と。

無料のおまけファイルを作る手間もありますし、
何より時間をかけないとたまりませんが、
猛烈にお金がかかる、というわけではないですからね。
やらないよりはやったほうがいい。
担当本からやってみますかね。
で、その数字を見て、続けるかどうか考えてみます。

うわあ。長文になってしまったよ。
文章だけだと愛想がないので、
先日コンビニで買ったコメダ珈琲コラボ珈琲の写真を。
コメダで出てくる豆菓子が付いてます。

【本日のAmazon】
・『全部、言っちゃうね』1位。
・山本彩ファーストエッセイ集。このタイミングでなければもっと上だったかも。




« 長い1日 | トップページ | 東洋経済オンラインの記事が! »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/69634240

この記事へのトラックバック一覧です: メールアドレス、集めてますか:

« 長い1日 | トップページ | 東洋経済オンラインの記事が! »