最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 期間限定は気になるフレーズ | トップページ | 【会社周辺ランチ日記】ごち屋 »

2017年2月 9日 (木)

【本】『だしの神秘』




『だし生活、はじめました。』で
お世話になっております、梅津有希子さん。
つい先日も、『だし生活』の重版が決まったのですが、
その梅津さんが週刊現代に書評を書いていた
『だしの神秘』。

これも、面白い本でした。

だしはなぜ美味しいのか。
歴史的、かつ科学的に考察する1冊です。
え! と思ったのは、、
「煮物の鍋の表面に浮いたアクは、
取らないほうが実は美味しい。
しかし、それを知っていても京都の料亭ではあえてアクを取る」
品位が落ちるから、
というのがその理由だそうで、
驚きました。

もう一点。
出生後24時間以内の新生児の舌に、
スープを一滴垂らすと、
「嫌でも好きでもない表情」をする。
これに、0・5%のグルタミン酸ナトリウムを添加すると、
「明らかに好ましい表情」をするのだそうです。
この実験、イスラエルで行ったそうでして、
つまりうま味を美味しいと感じるのは先天的なものであり、
国籍も問わない。

といった話がいろいろ出てくるので、
「へえ」と思いながら読み進められます。
最後の方には「科学が証明した本当に旨いだしのとり方」
が載ってます。
私、まだ実践してませんが、上記の週刊現代の書評に、
梅津さんは「卒倒しそうなほど旨い」と書かれてます。
これは、やってみなくては。

【本日のAmazon】
・『わたくしたちの旅のかたち』ランクイン。
・『「追われない家事」』なるほど。
・『臨終の七不思議』新聞宣伝、出ていたなあ。

« 期間限定は気になるフレーズ | トップページ | 【会社周辺ランチ日記】ごち屋 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/69542929

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『だしの神秘』:

« 期間限定は気になるフレーズ | トップページ | 【会社周辺ランチ日記】ごち屋 »