最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 【本】『まずは、書いてみる』 | トップページ | LINEに仕事に必要なのか? »

2017年2月 4日 (土)

初代編集長の教え

先日、会社OBに弊社に来ていただき、1時間ほどお話していただきました。
以前のノンフィクション編集長だった人ですが、初代の書籍編集長の薫陶を受けた最後の人なのです。
ちなみに初代の書籍編集長、『梅干と日本刀』『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』などの担当です。
というわけで、初代編集長の本作りのノウハウなどを話していただいたわけです。
かなり大事なお話を聞けたと思うのですが、特に印象的だったことが二つ。
初代編集長、常にタイトルのことを考えていたそうです。文字通り、常に。
私の場合、他の人の担当本に関してはせいぜい2日前からなわけで、常に、とはとても言えません。
それから、初代編集長、毎朝6時にその日の朝刊から企画を2本作って当時の社長に電話で伝えていたそうです。
このエピソードは本人からではなく伝聞だそうで、誇張があるかも、とのことでしたが、だとしても、すごいなあと思うわけでして。
朝6時の段階で朝刊を読んでいるわけですから。
というわけで、初代編集長の熱さをもう少し見習わなくては。と思います。かなり真剣に。

« 【本】『まずは、書いてみる』 | トップページ | LINEに仕事に必要なのか? »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/69485906

この記事へのトラックバック一覧です: 初代編集長の教え:

« 【本】『まずは、書いてみる』 | トップページ | LINEに仕事に必要なのか? »