最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 資料に一工夫 | トップページ | アイドル産業に学ぶ日本企業再生術 »

2017年4月 3日 (月)

「追憶」は凄い作品だと思います。




あれ。
昨日、映画「追憶」の資料のことを書きましたが、
肝心の映画のこと、書いてませんでした。
書いたつもりになってましたが、
フェイスブックだけだったのかな。
ブログとフェイスブック、
ふたつ書いていると
こういうことも
あるのです。

この映画、
岡田准一さん、小栗旬さん、長澤まさみさんら
日本映画の若手と、
降旗康男監督、木村大作カメラマンが組んだ一作。
これだけで期待値が高まるわけですが、
期待通りの作品になっていると思います。
冒頭の風景描写でグッときました。
岡田さん、こんないい役者なんだなあと
改めて感じましたが、
一番インパクトがあったのは、
安藤サクラさん。
出演シーンはあまりないんですけどね。
冒頭、安藤さんのびっくりするような
シーンがありますが、
そこと現代の対比の凄さ。
見ておくと、後々自慢できる
(俺はあの作品、リアルタイムで観たんだぜ)
作品だと思います。

« 資料に一工夫 | トップページ | アイドル産業に学ぶ日本企業再生術 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/70134883

この記事へのトラックバック一覧です: 「追憶」は凄い作品だと思います。:

« 資料に一工夫 | トップページ | アイドル産業に学ぶ日本企業再生術 »