最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の29件の記事

2017年5月31日 (水)

パネルとランクイン




今日はいろいろ動いてました。
朝は東京ドームホテルでご飯を食べ、
午後、表参道で新企画の打ち合わせ。
そして夜は秋葉原で地下アイドルのライブ。
本当はこれに赤坂打ち合わせも入るかも、
でしたが、そっちは宅配便で。

というわけで落ち着かない一日でしたが、
明日は気分的にもっと落ち着かないでしょう。
新刊2点が書店に並ぶ日なのです。

そのうちの1点、『アクセル』は昨日、
書店店頭用のパネルを作りました。
書店さんからのリクエストが、
販売部経由であったのです。

こういうのはとっても嬉しいです。
店頭に並ぶ前から売ってやろう、と
考えてくださってるわけですから。

そして今日は、予約段階ですが
ネット書店アマゾンで
「セールス・営業」カテゴリ1位、
総合で46位に。ありがたいことです。

いいか悪いかは別として、
初速って大事ですから。
そして、この本は売れてるらしいぞ、
という空気感もとても大事。

というわけで、発売前のパネル依頼と
アマゾンのランクイン。とても嬉しいです。

2017年5月30日 (火)

【本】『エグゼクティブ・ダイエット』




今読んでいるのは、
『エグゼクティブ・ダイエット』。
書評メールマガジン
「ビジネス・ブック・マラソン」の
土井英司さん最新刊です。
土井さんがダイエットの本?
と最初はビックリしましたが、
この本、ビジネス書ですね。
ノウハウとして出てくるのは
毎日5分の筋トレと、
炭水化物少なめの1日2食の食事。
これ自体は「ふむふむ」という感じなんですが、
全体のトーンがまさにビジネス書で、
挫折しないためにどうするか、
ゴールをどう設定するか、
時間効率を考える、
といった話がかなり出てきます。
そして何より、読んでいると
「自分もやってみよう」という
気になります。
というか、なりました。
自己啓発書の理想的な形ではないか、と。
アマゾンキャンペーンで
あっさり総合1位になるのも、
やはりすごいです。

2017年5月29日 (月)

新たなカウントダウン

さてと。
先週金曜に新刊2点の見本が出来上がり、
今週木曜ごろから書店さんに並びます。

というわけで、
普通だと今が一番のほほんとしている時期なんですが、
今月はちょっとヒリヒリしております。

先週できた見本本の1冊が
『小説 あなたのことはそれほど 上』

ドラマのノベライズなんですが、
上ということは「下」もあるわけで。
そして、最終回には書店さんに並べたいわけで。

ということは、つまり、
下巻のスケジュールは結構厳しいのです。

正直、一段落した感じが全くしておりません。
何しろ関係者が多いですからね。
そして発売日もずらせない。たぶん。
今日も電話やメールをアレコレしてました。

というわけで、
ヒリヒリした日を送ってます。
こういうのも、久し振りだとなんだか楽しいですね。
ふだんがのほほんとしてますから、
たまにはこういうときもなくちゃ。

毎月こういう状態だったら、
泣いちゃいますけどね。

【本】『この自伝・評伝がすごい!』




成毛眞さんの新刊です。
書評家としても知られる成毛さんによる、
自伝、評伝の紹介本。
自伝と評伝に絞ったところが、
切り口として斬新。
イーロン・マスクやビル・ゲイツといった、
いかにもの人たちから、
中村勘三郎や小泉純一郎といった
ふむふむ、と思わせる人たち、
そしてなかには「え!?」という人物も。
この人選がいかにも成毛さんらしいなあ、
と思うのです。
単に「いい人」「凄い人」を
紹介する本ではありません。
それでも、読んでいて
「この人物、面白いなあ」
「この本、読まなくちゃ」
と思わせるあたりが、
成毛さんの凄さだと思います。
本を読むこととは?
書評とは?
といったことをも考えさせます。
一筋縄ではいかない
書評本です。

間食しない理由

今日は専ら、
後輩の担当分を読んでました。
ページ数にして300ページほど。
1日で読み終わるかなあ、
と少々心配でしたが
最後まで読めてホッとしました。
明日からはまた別のことを
しなくちゃいけませんので。

で、不思議だっのが
お菓子をほとんど食べなかったということ、
同じような状況だった昨日は、
結構食べたのですよ。
それが、今日はほとんど食べず。

理由かなあ、
と思えることは二つ。

まず、お原稿がかなり面白く、
読むことに集中していたから。

そして、かなられ熟睡したので
体が間食を欲しなかった、
のではないか、と。

ひょつとすると
減量のためには
きちんとした睡眠が大事なのかも。
と思ったのでした。

2017年5月28日 (日)

見本本できましたよっと。



見本本2点、昨日5月26日に
編集部に届きました。
正直、ギリギリのスケジュール。
そして各方面に送ったり持って行ったり。
本ができたのにバタ他バタバタしてます。
右往左往してます、というべきか。
さらに販促活動もしなくちゃ。
まだしばらくは忙しいです。
ありがたいです。

2017年5月25日 (木)

ペースメーカーとしての朝会




今朝は月に一度の朝会でした。
これまでずっと白金台の会場に参加していたのですが、前回からは池袋会場。
その方が10分ほど寝坊できるので。
朝5時前に起きるのと5時過ぎに起きるのは、ちょっとした違いですが気分はだいぶ違いますよ。
今週前半は帰りが遅く寝不足気味でしたが、参加してよかったです。
月に一度、こういう会に参加することで気分が引き締まる、と申しましょうか。ペースメーカーみたいなものですね。
気のせいかもしれませんが、今日は夕方になるまでが長かった、つまりいろんな仕事ができた、ような気がします。
朝会に出たからだとすると、やはり、参加してよかった。眠いけど。
写真は、朝会の後に向かった千駄ヶ谷。
業界でも有名なデザイナーさんとの打ち合わせでした。
先輩にくっついて行ったんですけどね。

2017年5月24日 (水)

よまにゃ。というキャラクター




今日は軽めに。
先日、神保町界隈を歩いていて気付きました、
集英社文庫のキャラクター、よまにゃ。
駄洒落ですけどね。でも、可愛い。
新潮文庫のパンダみたいに、
有名になるのかな。
弊社にも、「のんた」というキャラクターが
いるんですけどね。

2017年5月23日 (火)

担当させていただいた2冊






ネット書店Amazonでの予約も始まりましたので、
情報公開します。
5月末刊行で私が担当させていただいたのは、2冊。
火曜ドラマ「あなたのことはそれほど」のノベライズと、
神田昌典氏が監訳してくださった『アクセル』です。

ドラマの小説とガチのビジネス書。
かなり異なる2冊をほぼ同時に、
ということで、なかなか楽しい日々でした。
と同時に、段取りの悪さを痛感する日々
でもあったわけですが。
その辺のことは、また改めて書きます。たぶん。

2017年5月22日 (月)

弊社のほんが朝のテレビ番組で紹介された結果、





今日は一日中、
なんとなくぼんやり眠い状態でした。
どうしたんだろう。
そもそも、朝6時半には起きるつもりだったんですが、あっさり寝坊。起きられなかったんです。ううむ。

出社してからも、なんとなく仕事に追われる感じ。
よろしくないです。
こっちから追いかけなくちゃ。

そんな中、嬉しいことも。

同僚が担当させていただいた
『やりたいことがある人は未来食堂に来てください』(小林せかい著)が、
ネット書店アマゾンの「ビジネス実用本」カテゴリの1位に!

ライフネット生命会長の出口治明さんが今朝のNHK「おはよう日本」でこの本のことを紹介してくださったのです。
ありがたいなあ。
(これを見たくて、朝6時半に起きたかったのです・・・)

正直に申しまして、
朝早くからテレビを見て、
そこで紹介された本を買ってくださる方がどのくらいいらっしゃるんだろう? と不安でしたが、たくさんいらっしゃって、本当に嬉しいです。

できるビジネスパーソンは、月曜の朝から精力的。勉強になりました。

【本日のアマゾン】
・上記本、ただいま総合では17位。

とにかく書き出す




今日は休日出勤でした。
日曜の職場、電話はかかってこないし
人はほとんどいないし
静かでいい感じです。
ま。毎週来たいとは思いませんが。

今日のお仕事で、
新刊2点の編集的作業は終了。

明日からはどう売り伸ばすか、
についてあれこれ考えなくては。

そして夜、今週やらなくてはいけない仕事を
ノートに書き出しました。
目先の仕事に追われてしまって
本当なら終わらせておくべき仕事が
たまってます。
たまっている、という自覚はあったのですが、
正直、どのくらいの量かわかってなくて、
気持ちだけがモヤモヤしてました。
それをノートに書き出すことで、
とてもさっぱりしました。

とりあえず、
11個、たまってるようです。
と、目に見える形になったのが
嬉しい。
もやもやとした状態だと
とにかく気持ちが悪くて、
結果的に能率も落ちると思うので。
今日できて、よかったあ。

2017年5月20日 (土)

「東池袋52」とは何か

「東池袋52」というアイドルグループ(?)の動画を見つけました。メンバー全員がクレディセゾンの社員なんだそうです。グループ名は、東池袋サンシャインシティの52Fにクレディセゾンの本社があるから、とのこと。

この動画です。


こういうのを見ると、動画を使ってのPRがますます増えるだろうなあ、と思うわけでして。弊社、出遅れているなあ。著者インタビューから始めなきゃ。

【本日のアマゾン】
・うんこかん字ドリルが軒並み上位に。

ハインリッヒの法則

昨日はかなり、
気分が落ち込みました。

ハインリッヒの法則、という言葉があります。
このこと、以前も書いた気がしますが、
「1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、
その背景には300の異常が存在する」
というものです。

昨日は事故が多かったのです。
本の制作過程に「白焼き」
というのがあります。
印刷直前、最後のチェックでして、
この後はもう修正がききません。

昨日はその白焼きチェックをしたのですが、
本の帯にかなり大きな数字の間違いがありました。
さらに、本文の中の重要人物の名前を間違えてました。
どちらもギリギリで修正できましたが、
本来はもっと早く気づくべきミスです。
印刷所さんに多大な迷惑をかけてしまいました。

さらに、会社の会議と著者さんの打ち合わせを
ダブルブッキングしてしまうという
初歩的かつ重大なミス。
これは月曜になんとかしなくちゃ。

昨日の一連のミスは、重大な事故なのか。
それとも、この後にさらに重大なミスが起きるのか。

いずれにしましても、
編集を20年以上やってる人間が
こんなミスをするなんて。
情けない。
というわけで、
昨日はかなり気分が落ち込みました。

2017年5月18日 (木)

体力任せの仕事をしてしまいました。




2日連続で更新できませんでした。
かなり久しぶり、だと思います。
まあ、それだけ忙しかったのです、
忙しいという単語は
あまり使いたくないんですけどね。

昨夜の仕事が結局終わらず、
徹夜になりまして。
職場で朝を迎えたのはいつ以来かなあ。
今朝、印刷所さんに渡さなくてはいけない
新刊のあれこれが2冊分ありまして、
1冊はそれほどでもなかったのですが、
もう1冊がビジネス書の翻訳もので、
図版も入るし中身の最終チェックも必要で。
正直、これ終わるのかね、
という感じでした。

結局朝6時半に会社をでて、
我が子が中学校に出かける頃帰宅。
しかし、実はまだ完全には終わってなかったので
お昼12時半に職場に戻って作業続行。
午後3時前に終わったのでした。
ああ、よかった。

と同時に、
仕事の段取りの悪さを反省してます。
どうしてこうなったのか、
きちんと振り返らなくては。

今日はその後、
浅草方面の著者さんの
ご自宅にお邪魔しまして、
新刊の打ち合わせでした。
この打ち合わせの日程は
かなり前に決めていたのですが、
昨日でなくてよかったなあ、
とつくづく思いました。

というわけで、
明日からまた通常運転です。

写真は、
打ち合わせの途中に撮った、
東京スカイツリー。


2017年5月16日 (火)

カウントダウン17日






カウントダウン17日。
というわけで、
あと2週間ほどで
新刊が書店さんに並ぶはずなんですが、
まるで実感がありません。
本当に、間に合うのかなあ。

そんなわけで、
今日は業務部と
スケジュールの打ち合わせ。
業務部というのは、
印刷所さんや製本所さんとの窓口、
のようなところでして。

発売日はずらせませんから
(書店さんにすでに情報を流してます)
他の部分で調節するしかありません。

端的に申しまして、
印刷所さんや製本所さんに
かなり無理をお願いすることになります。
あと、弊社販売部にも。

私、他の人たちのスケジュールを
チェックする立場なのに、
自らギリギリのスケジュールになるなんて。
ダメです。

各方面に無理をお願いしてますが、
それでも厳しいスケジュールです。
あと数日、頑張らないと。

写真は昨日秋葉原駅構内で食べた、
カツ丼です。

2017年5月14日 (日)

折原さんと梅津さん






今日は午後、『だし生活、はじめました。』でお世話になっております梅津有希子さんに教えていただいて、秋葉原の書泉ブックタワーへ。折原みとさんの新刊『幸福のパズル』刊行記念トーク&サイン会がありまして、それにゲストとして梅津さんがご出演、私もお客の一人として参加したのです。
会場、折原さん梅津さんの熱いファンがたくさんいらっしゃって、編集者としてかなり刺激を受けました。
折原さん、小説家としてデビューして30年、なんですね。

以前、文庫編集者をしていた時に、弊社の文庫でも折原さんに書いていただけないかなあ、と思ったことがあるのですが、実際に連絡を取ったのかどうか、全く覚えてません。
少なくとも、okという展開にはなってないわけですよね、未だ弊社からは出てませんから。

折原さんのようなベテランでも、最初の読者である編集者の感想を気にされてるそうで(という話がトークショーで出たのですよ)、勉強になったのでした。

【本日のアマゾン】
・『がっちりマンデー!! 知られざる40社の儲けの秘密』今朝、テレビでやってたなあ。

2017年5月13日 (土)

【本】『数学的コミュニケーション入門』




ここのところ、仕事がなんだかバタバタしてまして、今日もお原稿を読んでました。こういう日が続くと、ブログにするネタがなかなか出てこない。
幸い、ここ数日読んでいた本を読了したので、今日はその紹介です。
ビジネス数学の専門家、深沢真太郎氏の最新刊『数学的コミュニケーション入門』。
数学が実はビジネスコミニケーションを劇的に変える、というお話です。
そのために「定量化する」「グラフを使う」「プレゼンの設計をする」といった話が出てきます。
他にも、「数学の教科書は話し方の教科書でもある」「良いプレゼンテーションは数学的である」などなど、それだけだと「?」なフレーズが多いのですが、読むとなるほどと納得します。それに、文章がとてもよみやすいんですよね。
伝える箱に伝える相手に箱を用意してあげる、というのもなるほどのノウハウでした。

2017年5月12日 (金)

この後輩がすごい




このブログ、会社の人たちは
ほとんど読んでないみたいで、
だから書いちゃいますが、
会社の後輩がすごいなあ。
と思うことがありました。

後輩担当の文庫の
帯を変えることになり、
その文面を考えていたらしいのですが、
2案作って社内の人たちに聞きまくってました。
そしてメイン読者に近い人たちはこちら、
でも支持者が多いのはこちら、
と悩んでました。

こういう愚直な行為を、
最近してないなあ。
後輩も、昨日今日入ってきた
新人ではないのですが、
それでも初心を忘れずに
聞いている。
そして、単純に多数決でなく、
読者層を意識してあれこれ悩んでる。
それが尊いなあ。
と思ったのでした。

初心を忘れず愚直に。
読者層を意識して考える。

私も今一度、思い出さなくちゃ。

ちなみに、
この後輩は小説チームですが、
私の斜め左に座っている後輩も凄いですよ。
先日、著者さん二人の対談があり、
その司会役を務めてたのですが、
難しい話を整理し斬りこむ姿勢が立派だな、と。
そして、時に悩む姿勢もきちんと見せている。
変に誤魔化さないのが素晴らしい。

以上、どうせ会社の人は読んでないから、
好き勝手なことを書きましたよ、の回でした。

写真は、今日のお昼に赤坂で食べた、塩サバ定食です。

2017年5月11日 (木)

売れる本のタイトル、3つの条件をベストセラー作家さんに聞いてきました

先日、某ベストセラー作家さんと
打ち合わせをしました。
その人の単行本を文庫にするのです。
その時に、タイトルについての話が出ました。
どんなタイトルが売れるのか。
その作家さんによると、3つあるとのことです。

1違和感のある単語をつなげる。
例えば『嫌われる勇気』

2読者にとってメリットのあるものを示す。
例えば『体温を上げると健康になる』

そして3番目、思っていたことをうまく表現してくれたと読者に思わせるもの。
例えば『置かれた場所に咲きなさい』

この3つが売れる本のタイトルだと
いう結論になりました。
なるほどなーと思った次第です。
それぞれ、確かに。とは思うのですが、
実践するのは難しい。
こういうことが聞けるから、打ち合わせは面白い。
と思ったのでした。

2017年5月10日 (水)

【ランチ日記】大手町でおでんスープ






昨夜はなぜか寝付きが悪く、
寝不足のまま出社となりました。
午前9時からの打ち合わせが入っていて、
寝坊したらまずい、という気持ちが
あったのでしょうか…。

その打ち合わせは御茶ノ水で。
それから大手町に移動して
別件の打ち合わせ。
どちらも、非常に前向き、建設的な
話し合いになったと思います。
寝不足のほうがいいのかなあ。

で、お昼ご飯は大手町にしたのですが、
それがなかなか美味しかったので
書いておきます。
次回、大手町でランチ、
なんていつになるかな。

「かしみん」という不思議な店名で、
おでんのお店らしいのですが、
ランチは8種類。
鶏メンチカツか鶏ハンバーグのいずれかと、
鶏照り焼き、チキンカツ、チキン南蛮、唐揚げ4種の
いずれかという組み合わせ。(8種類になりますよね)

これに全て、おでんスープが付きます。
これで、8種類、すべて1000円。

おでんスープはお店の看板によると、
「大根と玉ねぎをたっぷり煮込んだ
コラーゲン豊富な滋養スープです」
とのことで、滋養は分かりませんが
美味しかったです。

というわけで、
私はメンチカツと照り焼きの組み合わせ
+おでんスープ。
美味しくいただきました。

人気のあるお店のようで、
行列ができてました。

コラーゲンという言葉に反応するのでしょうか、
丸の内OLさんたちの姿も結構見かけました。
また行かなくちゃ。

かしみん
東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビルディング iiyo!!(イーヨ!!) B1F


                     

2017年5月 9日 (火)

振り返りメール、はじめました。

Img_4579




3月30日の記事で、
「週に一度の振り返りメール」
について書いてます。

某劇団のトップの方が書いている
メールマガジンに触発されて
下記のようなことを考えている、
という内容です。

(ここから)
出版業界も、私の部署も、
決して楽な状態ではありません。

そして、前だけ見て頑張ろう、と部員に言っているわけですが、
週に1度、1週間のことを整理して文章にすることで、
私自身のやるべきことが明確になるんじゃなかろうか。

具体的には、
月曜の朝に、
そういう「振り返りメール」を
部員に送ってみようかな、と。
(ここまで)

で、これ、始めてみることにしました。
やり続けられるかどうかわからないし、
やったとしてどれだけの効果があるかもわからない。
何の効果もないかもしれない。
しかし、やってみなくちゃ始まらない。

というわけで、今週の月曜に、
部員たち(と上司)に送ってみました。
来週以降、きちんと続けられるかどうか分かりませんが、
とりあえず、その週のスケジュールと
前の週に私が仕入れた情報、それを発信していこうかな、と。

とりあえず、ひっそりと宣言します。

あ。第1回のメールの文面、
差し障りのない範囲でコピペしておきます。

(ここから)
皆様
おはようございます。
自分自身への備忘録的な意味合いが強いのですが、
今週の予定を書いておきます。
日時などに間違いがありましたら、ご指摘ください。

明日9日(火)午後1時から黄金文庫部数会議。
11日(木)午前10時から6月末搬入分単行本のタイトル会議。

というわけで、6月末搬入分ご担当各位は、
できれば前日10日(水)お昼をめどに、
タイトル案と資料をください。(すでにいただいている人もいますが)

先日のメールにも書きましたが、6月末刊は今の段階で下記を予定しています。
厳しいもの、逆に追加できそうなものがありましたら、
早めにお知らせください。

(略)


来週は17日(水)午前10時から単行本企画会議です。
新企画のある人は、できれば15日(月)お昼をめどに、
タイトルと簡単な説明を、送ってください。

今週の私は前半に、5月末刊2点のカバーを入稿します。
連休中に、●●さん・◯◯さんゲラはほぼ読めましたので、
後ほどお渡しします。
さらに『◯◯』も、と思ったのですが、
これは力及ばず、■■さんご担当の▲▲先生ゲラを読みはじめました。
今週中に読了するつもりです。
(ここまで)

写真は、記事の内容には全く関係なく、
今日、お昼に食べた麻婆豆腐です。

【本日のアマゾン】
・『うつヌケ』1位。


2017年5月 8日 (月)

カウントダウン24日

連休明けです。
早速残業してます。

今回、今月末に完成してなくてはいけない
担当本が2冊ありまして、
なんだかバタバタしているのです。

今日はカバー関係をやり取りしたのですが、
もう1冊のほうがまだできてません。

明日、やるつもりですが、
予想外の仕事があれこれ入ってくるんですよね。
せめて朝早く出社して、
他の人が出社する前に、
少しでも終わらせなくては。
その点、今朝はまずまずうまくいきました。

今日、意外に手間取ったのが、
(いや、むしろ当然かも)
連休中に溜まっていたメールのお返事。
結構,長くなるものもありまして。

余談ながら。

本を出したい!
と思っている人から、
時々企画書メールが来るのですが、
そういうご提案メールは、
こういう休み明けでないときのほうが、
いいかもしれませんね。

メールがたまっているため、
じっくり読むのは後回しになってしまうのです。

個人的には、
木曜の昼下がりあたりが良いのではないか、と。
もっとも、このブログを
「本を出したいと思っている著者候補」
の人がどのくらいお読みになっているか、
分かりませんが。

【本日のアマゾン】
・『総合商社』お。弊社の新書だ。

2017年5月 7日 (日)

連休明けは30分前に出社する。という横山さんの教え

「絶対達成」シリーズの
経営コンサルタント・横山信弘さんが、
ブログに

「連休明け憂鬱」を乗り越えるために、初日はいつもより30分前に出勤しよう!
https://news.yahoo.co.jp/byline/yokoyamanobuhiro/20170507-00070694/

という記事を書いてます。
溜まっているメールを処理するためかな?
と思って読んだのですが、
違う理由でした。

「人間は無意識のうちに、近くにいる人の思考をモデリングしてしまうもの。周囲にいる人に影響を受けてしまうものです。これを「感化」と呼びます。もしも初日から満員電車に乗り、しかもぎゅうぎゅう詰めになった車中に「連休明け憂鬱」状態の人ばかりがいたら、確実にその思考が伝染します。」

お!
なるほど。
というわけで、
明日は早めに出社します。

【本日のアマゾン】
・『50代から本気で遊べば人生は愉しくなる』気になる。

2017年5月 6日 (土)

【本】『入社3年塾』




赤羽雄二さんの新刊『入社3年塾』。
入社3年までの人たち向けに、
時間管理やコミュニケーション、
情報収集やモチベーションマネジメント
について説明してます。
これまでの赤羽さんの著作を、
ご自身がまとめて解説した1冊、
という感じで、
若いビジネスパーソンに有益なのはもちろんですが、
年配ビジネスパーソンにとっても、
自分の仕事のやり方をチェックすることのできる、
非常に濃い本だと思います。
赤羽さんメソッドが一冊でわかるというメリットも。

「好循環は意識して作ることができる」
という指摘は、かなり気になりました。
好循環、作らなくちゃ。

実は索引ページの並べ方だけ、
ちょっと変な気がしてるんですが。

【本日のアマゾン】
・『mini版 1週間で英語がどんどん話せるようになる26ルール』気になる。

2017年5月 5日 (金)

ゴールデンウィークらしく






今日はゴールデンウィークらしく、
浅草に行ってみました。
昼間の浅草は、
ひょっとしてら数年ぶりかも。
予想はしてましたが、
人が猛烈に多かったなあ。
数年前は、休日でも人が
少なかったんですけどね。

この後、会社に寄って
活字組みの束を持って帰宅。
ちょっとずつ読んでおります。
あと2日で、
どれだけ読めるかなあ。

2017年5月 4日 (木)

ミリオン生むプロモ戦略




業界紙「新文化」に、
アスコムとダイヤモンド社の
プロモ戦略が載ってます。
勉強になるなあ。

アスコムの柿内取締役は、
「ただ本の宣伝だけを
してくれるような媒体は基本ありません。
相手がどういうことを
求めているかを考えながら
本の価値と背景を伝えていくことが大切です」
ダイヤモンド社は、
「読者がなぜ購入したのかを伝えることが、
テレビ局関係者などに最も効果のあるプレゼンになる」
私も、真似できるところから
真似しなくては。

【本日のアマゾン】
・『英語で読む高校世界史』ふむふむ。

2017年5月 3日 (水)

【本】『才能スイッチ』




『最強の英語習慣』でお世話になった、
三浦将先生の最新刊です。
潜在意識を活用してクリエィティブになる、
という内容。
睡眠を活用したアイデア創出法、
というのは早速真似してみようと思います。
本書で三浦先生が再三強調してるのが、
「知識は実践しなくてはダメ」
ということですから。

他にも、
「ベストを尽くしても思うような
結果が得られなかった時の口癖は、
『だから良かった』」
「集合知性は天才知性を凌駕する」
「とびきりのアイデア創出のためには
アイデアの絶対量が必要」
などなど、印象的なフレーズが多いです。
そして、リーダーの心構え的な話が
後半に出てきます。
これも、勉強になりました。

【本日のアマゾン】
・『いつか別れる。でもそれは今日ではない』え、これ、後輩が買っていた。

2017年5月 2日 (火)

平均値の問題




昨夜は、
昨日の記事にも書いたように
会社帰りに上野の鈴本演芸場へ。
柳家権太楼さんがトリで、
ライブはやはり面白い
と再認識したのですが、
1番びっくりしたのは
座布団返しの前座さん。

女性の噺家はいまや
それほど珍しくないですが、
若くて美人、という事例は
あまりないはず。
金原亭乃々香さんというらしいですよ。
写真は、その乃々香さんのブログです。

3月に寄席デビューしたばかりですが
ネットでは「可愛すぎる噺家」と
話題になってます。

ただ、これは
平均値の問題なんですよね。
彼女が女優さんとか
モデルさんの業界を選んでいたら、
まあ、普通に可愛い新人なんでしょうね。

つまり、まわりの状況で評価は変わる。
私、弊社ではまあそこそこの実績を
出していると思いますが
(ということにさせてくださいな)、
ヒット作を連発しているS社やK出版、
G舎の社員だったら普通以下、
むしろマイナス社員だと思います。

要するに、
自己評価なんて大したことない、
他社にはもっと凄い人がいる、
という、まあごく普通の
結論なんですけどね。
美人落語家さんを見た衝撃から、
うまいこと仕事の話に変化させたなあ、
私(ということに、させてくださいな)。

2017年5月 1日 (月)

忙中閑あり落語あり




今年のゴールデンウィークは、
カレンダー通りの出社です。
まあ、それだけ
仕事がたまっている、
ということなんですが。

しかし、
仕事ばかりというのも
メリハリがないので、
今日は早めに
仕事を切り上げて
上野の鈴本演芸場へ。

柳家権太楼師匠の落語を
楽しみました。
さ、明日もお仕事、頑張ろっと。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »