最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ

2017年8月の17件の記事

2017年8月17日 (木)

動き回る日




今日は午前中、
表参道で著者さんの取材。
来年出るはずです。
で、午後は社内で会議。
そして夜は柏で
ひなたなほこさんのライブ。
というわけで、
常に動いていた気がします。
こういう日が続くといいんですけどね。
終日デスクワーク、という日も
もちろん必要ですが、
そればかりだとつまらないわけで。
外に出て、空気を吸って、
それでわかるものもあると
思うんですよね。たぶん。
ま、仕事を打ち切って外出する
言い訳ですが。
さてと。
明日はデスクワークの日です。

【本日のアマゾン】
・お。『ざんねんないきもの事典』が1、2位。

2017年8月15日 (火)

【神保町界隈ランチ日記】成都政宗担々麺つじ田






先日、「成都政宗担々麺つじ田」に行ってきました。
神保町でなく小川町。
会社から歩いていけるお店としては限界に近いです。
担々麺専門のお店ですが、
担々麺と麻婆丼のセットがあったのでそれを。
1180円だったような。
どれだけ炭水化物をとる気なんだ!

それはともかく。
担々麺ももちろん美味しかったのですが、
麻婆丼がかなり美味しいです。
遠くても食べに来たくなるレベル。
見た目と香りでまずグッときて、
食べたら本当に美味かった。
というパタンです。
痺れと辛さ、そして香りのバランスが
とてもいい感じです。

「成都政宗担々麺つじ田」
千代田区神田小川町3丁目2

2017年8月14日 (月)

会社帰りに試写会へ




9月30日公開の映画「亜人」試写会に
行ってきました。
アクションシーンがかなり凄いです。
意外だったのが川栄李奈さん。
どこまで本人がやっているのか、
スタントマンがどのくらいやっているのか
わかりませんが、熱演でした。

マンガが原作ということで、
このシーンの前後は本当は
どうなっているのかなという
(つまり脚本としてちょっとわかりづらい)
ところも少しありましたが、
見たことのないアクションシーンに圧倒され、
見てる間はひたすら興奮してました。

仕事の段取りを考えて
ゴリゴリ仕事を片付けて
夕方から試写会。
たまにはこういう日もあっていいのでは。
と思うのでした。

他山の石

先日ツイッターに書いたネタ。

「某ビジネス書を読んでいてら、何度か「魚辺」という単語がでてきた。これ、「魚偏」のことらしい。著者さんはそう思い込んでいるのだろうから仕方ないとして、編集者は気づかなかったのか。」

他山の石にしなくては。
と思っていたら、
他人様の誤字を指摘するこの投稿に
誤字がありました。
(読んでいてら)

なんていうオチなんだあ。

【本日のアマゾン】
・『残穢』朝日新聞書評効果。これ、私も読みたい。

2017年8月12日 (土)

「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」に圧倒されて




先日、試写会に行ってきました、
「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」。

これ、私たちの世代だと
「あ、フジテレビのドラマのリメイクね」
とわかるのですが、
若い人、おそらくこの作品の
メインの客層であろう人たちにとっては、
面白そうなアニメ、
昨年大ヒットした「君の名は。」的な作品、
という印象なんでしょうね。
どちらも、プロデューサーは川村元気さんですし。

私、ドラマの方をよく覚えていないので、
オリジナルとの比較はできないのですが
(たぶん、グーグル先生に聞けばわかると思います)
アニメとして見たときに、
例えば何度か出て来る花火のシーン。
これは、アニメならではの美しさ、
表現だと思いました。

それと、音楽の素晴らしさ。
これは「君の名は。」のときもそうでしたが、
本作の場合、途中で松田聖子さんの唄を
ヒロインが歌う、というシーンがありまして、
ここが物語的にもアニメ的にも、
ガッとテンションが上がるのですよ。

ちなみにヒロインの声を担当したのは、
広瀬すずさん。
彼女、「バケモノの子」の
ヒロインの声も担当していたのですね。

「怒り」の演技を見て
「この人を単なるアイドル女優と思ったら大間違いだ」
と認識したのですが、
今回のお仕事ぶりを聞いて、
「集客のための声優業と思ったら大間違いだ」
と認識しました。

リアル書店がしかけたヒット『百歳まで歩く』




最近、新聞宣伝でしばしば目にする
『百歳まで歩く』
幻冬舎文庫です。
売れている新刊なので
宣伝にも力が入っているんだな。
と思っていたのですが、
そして実際に売れているのですが、
私の認識、微妙に間違っていました。

この本、新刊ではないのですね。
2007年11月、
つまり9年前の文庫なのです。

現在、文庫として9万1000部
という大きな数字ですが、
今年になってから6万部の重版。
つまり、今年になってから
火がついたわけですが、
これには理由があります。

大阪の高坂書店鶴橋駅前店さんが
今年1月から大々的に展開したら
500冊近く売れる大ヒット。
それを知った幻冬舎が全国に展開することを決め、
新聞宣伝も積極的に行い、
その結果の大重版に。

ということを、
業界紙「新文化』で知りました。

こういうのを見ると、
文庫はまだまだ可能性があるぞ。
と思う一方で、
書店さんに気づいてもらえる
良い文庫を作らなくては。
と改めて思うのです。

ともあれ、
リアル書店さんが仕掛けた文庫のヒット。
嬉しい話だなあ。

【本日のAmazon】
・『いのち愛しむ、人生キッチン』これは昨夜のNHK効果だ。

加藤昌史さんのイベントで思った4つのこと




昨日の加藤昌史さんの出版記念イベント。
その話の続きです。
やってみて嬉しかったこと。
集客の苦労、ほとんどしなかったのに、
30人以上参加してくださったこと。
加藤昌史さん、そして
キャラメルボックスのファンの人たちが
きてくださったのだと思いますが、
そうでない人たちもいらっしゃってました。
とにかく、嬉しかったなあ。

感激したこと。
他社の編集者さんが、
私のフェイスブックの告知を見て
きてくださったこと。
イベント終わるや否や会社に戻られました。
こういう人に私もなりたいものです。
感激です。

驚いたこと。
やりましょう、と言ってくださった
三省堂池袋本店の書店員さん、
このイベントだけでなく、
いろんなイベントをなさっているようで、
その中には池袋の他の書店さんと
コラボしたものもあるとのこと。
リアル書店の新しい形かもしれません。
驚きました。

悲しかったこと。
終わった後、関係者数人で晩御飯。
これ自体はとても楽しかったのですが、
カードが使えないお店で、
先輩からお金を借りることに。
画竜点睛を欠く。
と申しましょうか。
悲しかったなあ。

2017年8月10日 (木)

加藤昌史さんのイベントが池袋で




今夜は、三省堂池袋本店さんで、
加藤昌史さん『10秒で人の心をつかむ話し方』
出版記念イベントでした。
トーク&サイン会。
40人近くの方が参加されて、
楽しい時間でした。
ご参加された皆様、本当にありがとうございます。
加藤様、本当にお疲れ様でした。

2017年8月 8日 (火)

真面目なお話。最近の仕事から今さらながら学んだ2つのこと

ここのところずっと気になっていた
仕事があったのですが、
今日、ようやくできました。
某ワード原稿を読むという仕事なんですが、
読み始めたらものの1時間もかからずに
終わってしまいました。

このパターンが私、とにかく多いのです。
やり始めたらすぐに終わるのに、
着手するまでにものすごく時間がかかる。

この2カ月のあいだ、
60分が捻出できなかったとは。
我ながら、本当に情けない。

昨年もこの悪癖で痛い目にあっているのに、
懲りません。
よくありません。

手を付けるまでの心理的な壁が高くて、
なかなか着手できないんでしょうね。

仕事といえば、もうひとつ。
この週末、福岡と姫路に行って
著者さんにお会いしたわけですが、
これ、おそらく業務命令で行っていたら、
かなり疲れただろうと思います。
自分の意志で行ったから、
面白かったし疲れもなかった。
(なので出張扱いしてませんが)

というわけで、最近の仕事から学んだこと。
その1 
今日やるべき仕事は今日終わらせる。
最低でもその週のうちに。
それが結局は楽。
その2 
仕事は上から言われる前に、自分から取りに行く。
そっちが楽しい。

新しいカウントダウン

新しい本の編集が始まってます。
今月、来月の単行本は担当がないのですが、
来月の文庫を2冊担当してまして。
今朝はその打ち合わせで吉祥寺に行きました。
数年ぶり、だったようで、
駅前が微妙に変わっていたような。
それはともかく。
前回の文庫はかなりギリギリの進行でしたので、
今回の9月上旬発売の文庫は、余裕をもって進めたい。と思うのであります。
ま、前回もそう思ったんですけどね。

2017年8月 7日 (月)

楽しい旅行だったなあ







というわけで
かなり弾丸ツアーでしたが、
福岡と姫路に行きました。
というわけで、仕事以外の写真の話。
福岡では、
JRの宣伝にHKT48の人たちが
出てるみたいですね。
地元アイドルを使うのは
いいことですね。

姫路駅では御座候の売店を発見。
前回は全く気付きませんでした。
姫路の有名なお菓子にして
杉浦さやかさんのソウルフード。
食べないわけにはいきません。

蛇足ながら。
今回の旅行は出張ではありません。
仕事に直結するわけではありませんので。

姫路市立美術館にまた行きました






そして本日は、福岡から姫路に出まして、
姫路市立美術館へ。
ここで今、杉浦さんの展覧会が行われてるのですが、
イベントのひとつとして
杉浦さやかさんと甲斐みのりさんの対談が本日、
あったのです。
それを見るために、美術館へ。
ところが。
始まる30分ほど前に行ったら、
整理券100枚はすでに出てます。
とのこと。
100枚、つまり100人来ていらっしゃるのかあ。
と、正直、かなり驚きました。
都内の書店さんでビジネス書の著者さんの
サイン会やっても、
100人というのはなかなかないですよ。
凄いなあ。
まあ、杉浦さん甲斐さんのイベント、
東京周辺が多くて、
関西圏ではなかなかできませんからねえ。
それにしても、凄い。
結局、関係者席に座らせていただく。
という禁じ手を使わせていただきました。
すみません。
でも、聞けて良かったです。
かなり面白かったです。

2017年8月 6日 (日)

糸島に行ってました。






う。8月になったらブログ更新マメにしなくちゃ。
と思っていたのに、早くも崩れてます。
ううむ。
この週末、土日は福岡と姫路に行ってました。
まず昨日、土曜日は福岡。
『人生に悩んだら日本史に聞こう』の
白駒妃登美さんの会社、ことほぎの創立5周年を祝う会に参加するため、福岡の糸島へ。
糸島、昨日は日本で一番暑いところだったようです。
それはともかく。
読書のすすめの清水店長の講演、
筑前琵琶の演奏、
ラジオの収録など、
盛りだくさんの内容でした。
行ってよかったなあ。

2017年8月 3日 (木)

西新井に行きまして






今朝は会社に行く前に、西新井へ。
加藤昌史さん『10秒で人の心をつかむ話し方』のパネルを希望される書店さんがいらっしゃったので、お持ちしたのです。
加藤さんのツイッターを見て、私にメールしてくださいました。
書店員さん、演劇集団キャラメルボックス、そして加藤昌史さんのファンの方のようで、かなりいい展開をしてくださってました。
ありがたいです。
というわけで、気分よく出社したのでした。

2017年8月 2日 (水)

著者さんのツイッターが強いというお話




加藤昌史さんの新刊『10秒で人の心をつかむ話し方』ができました。
で、店頭用パネルも作りました。

毎度のことながら、「使いたい書店さん、いらっしゃいますかあ」と
フェイスブックで募集したのですが、
応募は今のところゼロ。

ところが。
昨日、加藤さんご自身がツイッターでこのことをつぶやいたら、
早速反応してくださって、「パネルください」とメールしてくださった
書店さんがいらっしゃいます。

ううむ。
やはり、著者さん本人のツイートって、
強力なんだなあ。
そして、ひょっとすると書店員さんには
演劇集団キャラメルボックスのファンが多いのかも。
という気がしております。

2017年8月 1日 (火)

1日を3つのブロックで




今日は午前中、六本木でこれから出る本の打ち合わせ。
夕方、表参道で来年出る本の打ち合わせ。
そして夜、職場でデスクワーク。
私としてはいい感じの時間の流れでした。

1日を3つのブロック、すなわち午前午後夜として、
最低ひとつ、どこかでデスクワークをする。
つまり、出ずっぱりの1日にはしない。
ここ数か月の自分の仕事のやり方を見ていて、
そうすべきだと感じてましたので。

そして、絶対今日しなくてはいけないものは、
最優先で絶対終わらせる。
これも大事だなあ、と思うのであります。

写真は、職場のおやつ、ミレービスケット。
これ、後を引きます。

いろいろ思う月末。




写真は、職場の本日のおやつ。
本日退職した後輩が編集部にくれました。

この後輩、以前は私のチームにいましたので、退職は複雑な思いがあります。
辞めることは少し前に聞いていて、その直前の状況から、まあそうなるだろうなあ、と思っていたので衝撃はなかったのですが、そして出処進退は他人が口を出すことではない、と思っているのですが、それはそれとして、残念です。優秀な人だったので。
私には作れない本作りができる人、です。
その力を、先輩としてうまく引き出せなかったわけで。残念です。
新しい場所でも活躍されると思います。

まあ、私自身も転職してますからね。
結局は自分で選んでいくしかないし、それが正しかったとするしかないんですけどね。
いろいろ思う月末でした。

« 2017年7月 | トップページ