最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 【本】『昭和と師弟愛』 | トップページ | 思いがけず忙しい1日 »

2017年10月16日 (月)

こんな企画の持ち込みが

今日の話は、書籍編集者にしか興味のない話だと思います。
あ、いつもそうか。

最近、A4サイズの封筒がよく届きます。
この1か月に3通くらい。
中を開けると、クリアファイルに入ったお手紙。
で、その文面は
「御社の◯◯◯を拝読しました。大変勉強になりました。」
といった感想がまず数行あって、その直後に、
「私は◯◯◯というテーマで本を出版したいと考えております」
と企画のご提案。
そして2枚めは企画書。
このパタンのA4サイズの封筒がよく届くのです。

おそらくはこれ、こういう風に企画書を送れば読まれる確率が高くなる、
という情報がどこかから流れ、それを真似しているのではないかと思うのです。
ん? まさか偶然の一致?
いやあ、短期間に3通ですからね。

そして、このやり方はもう通用しませんよ。
というか、面白い企画だったら、
普通に送ってくださって問題ないのです。
採用されないのは、採用するだけの力がなかっただけのことなのです。

もっとも、最近はいわゆる出版不況のため、
採用される可能性は非常に厳しくなってますけどね。

« 【本】『昭和と師弟愛』 | トップページ | 思いがけず忙しい1日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/71985243

この記事へのトラックバック一覧です: こんな企画の持ち込みが:

« 【本】『昭和と師弟愛』 | トップページ | 思いがけず忙しい1日 »