« あの小説雑誌が! | トップページ | 杉浦さやかさんの販促、考えなくちゃ »

2017年10月30日 (月)

【本】『革命のファンファーレ』




巷で話題の『革命のファンファーレ』、
ようやく読みました。
やはり、面白い。
帯にある通り、『えんとつ町のプペル』を
32万部売った西野さんが、その売り方を解説してます。
クラウドファンディングや全ページ無料公開を、
実にロジカルに展開していたことがわかります。
これだけ理詰めに考えていて、
それをさらっと表明しちゃうんだから、
アンチも多いだろうなあ、と思うのですが、
そのこともちゃんと計算に入ってるのです。
すぐに真似できるものばかりではないですが、
「他人の時間を使え」
「本の中に撮影スポットを作る」
「クラウドファンディングは共犯者作りのツール」
「ビジネス書でも無料公開の出し場所を散らせば売り上げが伸びる」
「良い作品を生むなんて当たり前の話で、それだけでは、まだスタートラインにも立ててない」
といったフレーズは覚えておこうっと。

« あの小説雑誌が! | トップページ | 杉浦さやかさんの販促、考えなくちゃ »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『革命のファンファーレ』:

» 革命のファンファーレ 現代のお金と広告 著者 西野亮廣 [読書と足跡]
革命のファンファーレ 現代のお金と広告 著者 西野亮廣 今の時代に待ったをかける芸人、西野亮廣。 時代は変わろうとしている。 まずは、受け入れなかればならない。 革命が始まった! ファンファーレは鳴り響く! 常識を疑え! 大人が作った常識を。 面白い、実に面白い発想の持ち主だ、西野亮廣。 非常にクリエイティブとして面白い作品を作り出し、考え方も非常に面白い。 こ...... [続きを読む]

« あの小説雑誌が! | トップページ | 杉浦さやかさんの販促、考えなくちゃ »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31