最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 【本】『理系脳で考える』 | トップページ | 落語の稽古 »

2017年10月 8日 (日)

末広亭で考える時間の問題




昨夜(10月6日)は、会社帰りに新宿の末広亭へ。
桂三木助さんの真打披露興行があったのです。
なぜ見に行ったかというと、知人が三木助さんの大ファンで、話を聞いているうちに行きたくなったのです。
この知人、今回の三木助さんの披露興行にはいまのところ全て入ってるそうで、凄いなあと思うのですが、落語好きになった結果、映画には行かなくなったそうです。
それはまあ、そうですよね。
時間は限られてるんですから、
何かの時間が増えたら、どこかを削るしかない。
本を読む時間が減っているのは当たり前だ、他のいろんな面白いもの(例えばゲームとかSNSとか)が増えているのだから、という意見をしばしば目にしますが、
ある時間が増えたら、それまでの別の時間が減るという典型的な例を目の当たりにしたような気がします。
いろんな新しいもの、面白いものとせり合わねばならない読書の時間。大変だなあ。

« 【本】『理系脳で考える』 | トップページ | 落語の稽古 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/71911818

この記事へのトラックバック一覧です: 末広亭で考える時間の問題:

« 【本】『理系脳で考える』 | トップページ | 落語の稽古 »