« 【本】『好かれる女(ひと)、感情の整理がうまい | トップページ | こんな企画の持ち込みが »

2017年10月16日 (月)

【本】『昭和と師弟愛』




NHKのドラマ「植木等とのぼせもん」が面白いので、小松政夫さんの『昭和と師弟愛』を購入、一気に読みました。
念のため補足しておきますと、ドラマタイトルの「のぼせもん」とは小松さんのことで、植木等さんの付き人兼運転手だったのです。
ドラマ原作は小松政夫さんの別の本ですが、今回読んだこの本も、かなり面白かったです。
高度成長期の日本を象徴するようなスターである植木等とその周辺の人たちを、付き人だった小松政夫の視点で描いているのですから、面白くないはずがないわけで。
後半はご自身の芸談や今のバラエティに対する意見などが多めになりますが、それも興味深いです。
それにしても、植木等さんという人は、人格者だったんですねえ。弟子である小松さんのためにいろいろな心配りをしていて、凄い人だと思います。
と同時に、そんな師匠の期待に応えようと頑張った、小松さんも凄いのですが。
植木さんとの最後の会話「あがれ、あがれ」から病院に行くまでの描写は、ぐっときます。
読みながら元気の出てくる本でした。
ただ。このタイトル。
気持ちはわかりますが、植木等と小松政夫の本だということがまるでわからないのが残念です。サブタイトルの「植木等と歩いた43年」の方で何とかできなかったのかなあ。

« 【本】『好かれる女(ひと)、感情の整理がうまい | トップページ | こんな企画の持ち込みが »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『昭和と師弟愛』:

« 【本】『好かれる女(ひと)、感情の整理がうまい | トップページ | こんな企画の持ち込みが »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31