最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« このドラマの編集部、リアルすぎる | トップページ | 【本】『本日は、お日柄もよく』 »

2018年1月10日 (水)

素敵なタイミング(という歌が昔ありました)




出版業界って、人的流動性の激しいところだと思います。
私自身、今の会社には27歳の時に転職しました。
前の会社は、出版業界というよりは教育業界の、教科書会社。
当時、教科書は3年サイクルで作っていましたので、新しいサイクルが回りだすと3年は動けない。まあ、本当はそんなこともないんでしょうが、若かった当時はそう考え、古いサイクルと新しいサイクルのはざまの数か月で何とか次の転職を決めよう、とあれこれ動いてました。
で、最後の最後、ここがダメだったらもう新しい3年が始まっちゃうなあ、というところで受けたのが今の会社なのです。
教科書会社が良かったのか、今の会社に転職して良かったのか、本当のところは死ぬまでわからないかもしれませんが、少なくとも今のほうが毎日、変化に富んでます。前の会社だったら体験できないだろうことも多々、できてます。
というわけで、何が言いたいかというと、転職って縁なんですよね、たぶん。
転職すべき時には転職できるんだと思います、たぶん。
いま転職したくて、でもいろんなしがらみで動けない人は、力をためておけばいいのだと思います。そして、然るべきタイミングの時に、ためておいた力を出せばいい
わけで。
なんだかまとまりのない文章になってますね。
写真は、本日仕事で行った浅草の風景。
雷門、ライトアップしてるんですね。

« このドラマの編集部、リアルすぎる | トップページ | 【本】『本日は、お日柄もよく』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/72662008

この記事へのトラックバック一覧です: 素敵なタイミング(という歌が昔ありました):

« このドラマの編集部、リアルすぎる | トップページ | 【本】『本日は、お日柄もよく』 »