最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 仕事始め | トップページ | 良き睡眠のために »

2018年1月 6日 (土)

「祈りの幕が下りる時」は贅沢な映画です。




たしか、この映画のことはまだ書いてないと思うのですが。
「祈りの幕が下りる時」
今月下旬公開ですが、昨年、試写会に行ってきました。
東野圭吾さんのミステリーが原作です。このミステリーシリーズ、TBSでドラマ化し、その後映画にもなりました。今回が二回目の映画化で同時にシリーズ最終作、だそうです。
たしかに、それだけの厚みがあります。主人公の半生と殺人事件が絶妙に絡む構成になってます。
それでいて、シリーズを全く知らなくても楽しめるように作られてるのが凄い。
まあ、田中麗奈さんの役なんかは予備知識があったほうがいいとは思いますが、初見でもわかります。
見ていて連想したのは、松本清張原作の有名なミステリー映画。
それだけ重厚な作品、であります。そして私、本作で初めて、松嶋菜々子さんが美人と認識しました。
びっくりしたのは、明治座が何回が出てくるのですが、舞台をほとんど見せないところ。音は聞こえるんですけどね。贅沢だわあ。
贅沢といえば、映画の最後、タイトルロールが流れてからも、テレビシリーズを見ていた人は席を立たない方がいいですよ。贅沢なゲストの使い方、してますから。

【本日のアマゾン】
・『ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること』気になる。

« 仕事始め | トップページ | 良き睡眠のために »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/72632697

この記事へのトラックバック一覧です: 「祈りの幕が下りる時」は贅沢な映画です。:

« 仕事始め | トップページ | 良き睡眠のために »