最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« to doリストをゲーム感覚で | トップページ | 鬼怒川温泉にやって来ました。 »

2018年2月 9日 (金)

【本】『ラクして速いが一番すごい』




タイトルを耳にして秀逸だなあと思っていた『ラクして速いが一番すごい』、読了しました。
生産性を上げるためにはムダな努力をしないことが大事、というわけでムダな努力を5パターンに分けて、それぞれ解説してます。
なるほどと思ったのは他人との関係性。自分の仕事が速くても、周りの仕事が遅かったり間違ったりしてたら、遅くなりますからね。
「相手がいる仕事から着手する」「用語集を作る」「水曜の昼にスケジュールを練る」などなど、なるほどなフレーズがたくさんありました。
かなり売れているらしいのですが、納得であります。

« to doリストをゲーム感覚で | トップページ | 鬼怒川温泉にやって来ました。 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『ラクして速いが一番すごい』:

« to doリストをゲーム感覚で | トップページ | 鬼怒川温泉にやって来ました。 »