最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 桜 | トップページ | 帰省中です。 »

2018年3月29日 (木)

そこにコンセプトはあるか

今日は某出版社の編集長さんと私と、職場の後輩、3人でランチでした。
あまり詳細に書くと差し障りがあるかも、なのでぼかして書きますが、
社としてこのところヒットが続く(というか、ここ数年そうなんですけどね)出
版社さんです。(と、ここまで書いた段階で、数社に絞られそうですが)
私にしてみれば、食事をしながらヒットの秘密を聞き出そう、という思いが密か
にあったのですが、思っていた以上にいろいろ教えていただきました。
弊社とはレベルがちがうというか、ヒットを出している会社はそれだけの理由が
あるのだなあ、というか。
特に印象的だったのは、「コンセプトを意識してます」というお話。
本を作る最初の段階からコンセプトはほぼ固まっている、とのことです。

「そもそも、コンセプトってなんですか?」と初心者のような質問をしたのです
が、それに対するお答えは、
「どんな本か、一言で言うとしたら」でした。

読者対象とか、そういうのは置いておいて、とにかく、どんな本なのか。
そこがびしっと決まっていれば、デザイナーさんとのカバーの打ち合わせでもぶ
れないし、ぶれそうになったら修正できる。というお話でした。
「そんなの、当たり前でしょう」と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、
私にしてみれば目からうろこ。
本づくりをする際に「この本はどんな本か、一言で言うとしたら」なんて意識し
たことはありませんし、当然、デザイナーさんに伝えたこともありません。
だから、ダメなんだ。
これからは、常に意識しなくては。
ありがたいランチだったなあ。

« 桜 | トップページ | 帰省中です。 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そこにコンセプトはあるか:

« 桜 | トップページ | 帰省中です。 »