最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 私たちは世界を国や性別ではなく | トップページ | 久しぶりの蔦屋書店 »

2018年4月23日 (月)

宣伝部隊の一員に強制的になっていただく




この話、まだ書いてないと思うんですが。
(書いていたらすみません……)
杉浦さやかさんの『すくすくスケッチ』販促の一環として、感想ハガキを送ってくださった読者の皆さんに、
先日、杉浦さん特製ポストカードをお送りしました。
以下の文章は、その時に、ポストカードに同封した手紙の一部です。あ、書いたのは私です。

(ここから)
弊社刊『すくすくスケッチ』をお買い上げいただき、本当にありがとうございます。
杉浦さやかさんポストカードをお送りします。発送が遅くなってしまって申し訳ありません。
3種類を2セット、合計6枚お送りします。

同じものを2セットお送りするのには、理由があります。
1セットは記念にとっていただくとして、もう1セット3枚は、お友達や知り合いの方に、ハガキとして送っていただきたいのです。
そうすると、それを受け取った方も杉浦さんのことが気になって、ひょっとすると杉浦さんのファンの輪が広がるかもしれない……という淡い希望があるのです
(そうなるといいなという思いを込めて、表面に祥伝社のサイトのQRコードを印刷しています)。
(ここまで)

つまり、杉浦さんのファンの皆さんに、
宣伝部隊の一員に強制的になっていただこうという試み。

こういう試み、これからも別の著者さんでもやっていきたいです。

« 私たちは世界を国や性別ではなく | トップページ | 久しぶりの蔦屋書店 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宣伝部隊の一員に強制的になっていただく:

« 私たちは世界を国や性別ではなく | トップページ | 久しぶりの蔦屋書店 »