« ハッシュタグキビダンゴ | トップページ | 書店の人と晩御飯 »

2018年10月24日 (水)

【本】『天才はあきらめた』




南海キャンディーズ山里亮太さんの本。売れてるそうです。読んでみたら、確かに面白い。久しぶりに睡眠時間を削って読みました。

山里さんが芸人となるまで、そして今に至るまでを書いているのですが、ここまで赤裸々に書いていいの? とこっちが心配になってきます。
帯に「劣等感は最高のガソリン」というフレーズが出てきますが、これは本文の一節。つまり嫉妬という負の感情が隠されることでてきます。
その対象は、時として相方のしずちゃんに向けられることも。

同時に、努力の人なのですよ、山里さん。戦略を立て、そこに向かって攻めていく。 かつての島田紳助さんの本を連想しました。その点でビジネス書のようでもあります。

というか、この人でビジネス書、というのも企画としてアリかも。

帯のコピー、本文から見つけるというのは、シンプルですけど本によっては効果的かも。

« ハッシュタグキビダンゴ | トップページ | 書店の人と晩御飯 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『天才はあきらめた』:

« ハッシュタグキビダンゴ | トップページ | 書店の人と晩御飯 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31