最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« オーディオブックとは | トップページ | 新書から文庫へ »

2018年12月30日 (日)

「フォルトゥナの瞳」の有村さんは必見です。






昨日、ブログを複数書きましたが、猛烈な眠気と戦いながら作成してました。
誤字脱字があるのではないかしら……。

それはともかく。
先日、試写会に行ってきました。
来年2月15日公開の「フォルトゥナの瞳」です。

神木隆之介さんと有村架純さんのダブル主演。
恋愛映画の2大鉄板は闘病もの(例えば「世界の中心で、愛を叫ぶ」)とタイムトラベルもの(もはや古典ですが「時をかける少女」とか)、と思っています。
どちらも、抗いようのない力によって片方がいなくなってしまう。それにどう対応するかでドラマが生じるし、映画として面白くなると思っています。

それに対して本作は、別の切り口を見せてくれました。恋人が事故で死んでしまうことが自分だけわかってしまう。そのときに自分はどうするか、という話なのです。
この設定だけですでに私、ぐっと来てしまいました。

途中で有村さんの視点になるところがあって「?」と思うのですが、最後まで見るとすべて納得、二人が手を繋いでいるこの映画のキービジュアルがすごく深い意味を持っていたことにも気づきます。

ドラマ「中学聖日記」を見て、「たしかにこれもいいけれど、俺が見たい架純ちゃんは違うんだ」とフラストレーションが溜まっていた人(例えば私)には必見の一本だと思います。

« オーディオブックとは | トップページ | 新書から文庫へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「フォルトゥナの瞳」の有村さんは必見です。:

« オーディオブックとは | トップページ | 新書から文庫へ »