最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 面白い映画は脚本がよい、ということなんだろうなあ | トップページ | お仕事の状況20190708 »

2019年7月 8日 (月)

リアル引っ越し日記その2

いきなり引っ越すことになった我が家。

今住んでいる家は、売りに出すことにしました。

私、初めて知ったのですが、家を売った場合の不動産屋の収入って、売値の数パーセントなんですね。

業者によってそのパーセントも変わるかなと思ってたら、法律で上限が決まってるみたいです。

したがって、高い値段で売れたほうが、不動産屋も嬉しい。

もちろん、家を売る私も嬉しい。

というわけで、不動産屋が出してきた評価額は、購入時の約半分(正確には少しだけ下)。

18年住んでると、そんなもんですかねえ。

その評価額よりも少し高い値段で、出してみることにします。

とりあえず次の家は、賃貸で見つけてますので、当分はそこに家族で住みます。

そして、次に購入する物件(おそらくマンション)をじっくり探してみることにします。


さあて、次回のリアル引っ越し日記は、「本の処理をどうするか」「風呂の蓋はこうやって処分する」「引っ越し業者決める」の三本です(あくまでも予定ですが)。また見てくださいねえ。

« 面白い映画は脚本がよい、ということなんだろうなあ | トップページ | お仕事の状況20190708 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 面白い映画は脚本がよい、ということなんだろうなあ | トップページ | お仕事の状況20190708 »