最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« タイトルが今ひとつというのは罪深い | トップページ | 売れるビジネス書のポイントについて考えてみる »

2019年10月 5日 (土)

日経ビジネス人文庫がすごい

E73c185ec18b457fba6eb8639865af57


深沢真太郎氏の『仕事で数字を使うって、こういうことです。』を読みました。

かなり面白いです。読み終わると頭が良くなった気がします。難しいことを平易に書ける、というのは素晴らしい。

という本の感想もさることながら、

この本を出している「日経ビジネス人文庫」が凄いのです、最近。

ビジネス書が日本で一番売れる、と言われている丸善丸の内本店さんの文庫のベストセラー棚に、日経ビジネス人文庫が最近、複数並んでいることが多いです。

その一冊が本書ですが、他にも臼井由妃さんの文庫も目立ってます。

そしてこの2冊とも、親本は日本経済新聞出版ではないのです。

つまり、親本を出版した出版社と交渉して、文庫にしてるわけです。

他社さんの本を文庫にすること、私も経験がありますが、一言でいって面倒なんですよ、自社本に比べて手続きが。先方の出版社さんのOKをもらうのは必須ですからね。

その面倒な作業をこなし、さらにヒットを飛ばす。

こういう文庫の仕事を、私もやらなくちゃ。

というわけで、大いに刺激を受けてます。

« タイトルが今ひとつというのは罪深い | トップページ | 売れるビジネス書のポイントについて考えてみる »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タイトルが今ひとつというのは罪深い | トップページ | 売れるビジネス書のポイントについて考えてみる »