« 本のPRとしてのインスタライブの可能性を考える。 | トップページ | 午前中のルーティン(にしたい)。 »

2020年5月14日 (木)

本のタイトルを考えるシンプルな方法

Img_0117

 

このブログ、以前は仕事の状況を週1ペースで書いてました。

本づくりの実況中継みたいな感じで。

ちょうど今、新しい文庫の編集が始まってますので、

その本づくりの様子をこのブログに書いていこうと思います。

 

昨日は、その文庫の、タイトルについて考えてました。

 

あ、今回は他社さんの単行本を文庫サイズにするというものです。

単行本の時のタイトルをそのまま使う、ということもあるのですが、

今回は著者さんと相談の上で、変更することに。

 

タイトルは最終的に、編集部・販売部・社長が参加する

タイトル会議で決定します。

(その後、著者さんのOKをいただいて正式決定)

 

で、どんなタイトルにするか。

初心に戻って100本、候補を考えることにしました。

 

新人の頃はとにかく100本考えて、そこから選んでいたのですが、

ある程度ベテランになってくると、

そこまで考えなくても、まあ、なんとかなるのです。

しかし、今回、実はタイトル会議までの時間があまりない。

時間がないからこそ、集中して100本考えようと思ったのです。

 

100本考えることの利点は、

いろんな角度からタイトルの可能性を考えるという点。

 

数を出す必要があるので、様々な視点から考えざるを得ません。

読者目線を逆に上から目線にしたり、

否定形にしてみたり、女性視点、子供の視点で考えたり。

呼びかけ調にしたり命令口調だったり、わざと長めにしたり単語1個にしたり。

かなり強引にいろんなパターンを考えないと、

100個出てきません。

で、かなり強引にいろんなパターンを考えているうちに、

「あ、こういうのもある」

とぽろっと出てきたりするわけです。

 

というわけで、昨日は初心に戻って、

タイトル候補を考えてました。

さてさて。最終的にどんなタイトルになるのか。

会議は今日です。

 

写真は、100本考えているときに飲み食いしたあれこれです。

« 本のPRとしてのインスタライブの可能性を考える。 | トップページ | 午前中のルーティン(にしたい)。 »

ただいま編集中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本のPRとしてのインスタライブの可能性を考える。 | トップページ | 午前中のルーティン(にしたい)。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30