« 「書評の仕事」を編集者が読んでみた。 | トップページ | 本のPRとしてのインスタライブの可能性を考える。 »

2020年5月12日 (火)

12.3%増の衝撃。

Img_9917

 

昨日は、フェイスブックとブログを夜に続けて更新しました。

やはり二つを夜に、というのはバタバタします。

 

というわけで、今日は朝のうちにブログを更新。

短いですけどね。

 

先日9日に新聞を見てびっくりしたんですが、

そしてツイッターにも書いたんですが、

総務省の3月家計調査、書籍に関しては前年同月比12.3%増とのこと。

 

この社会状況で、売れ行き激減の業界が多い中、

本は売れているんですね。

 

自粛で閉めている書店さんも多く、その影響がある、

つまり本も売れなくなる。そういう可能性もあると思っていたんですが、

数字がこうなっている以上、言い訳はできないなあ。

正直、自分の担当本が12.3%増の売れ行きとは思えませんが。

 

確かに、巣ごもりする際に本を読む、という人は多そうです。

言い訳せずに、売れるための工夫を考えなくちゃ。

 

写真はそんなことに全く関係なく、

京都出張の際に撮影した、

池田屋跡です。

« 「書評の仕事」を編集者が読んでみた。 | トップページ | 本のPRとしてのインスタライブの可能性を考える。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「書評の仕事」を編集者が読んでみた。 | トップページ | 本のPRとしてのインスタライブの可能性を考える。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31