« 自社の新書新刊3冊、読んでみました。 | トップページ | 「炎の千本ノック!2」販促について考える »

2020年5月 9日 (土)

キングコング西野さんの講演会が面白すぎたので、オンライン講演会の可能性について考えた。

Img_0109

 

ブログを再開したら楽しくなって、毎日更新してます。

そのうち、ペースが落ちてくると思いますが。

 

今朝は新刊の販売促進について書こうと思っていたのですが、

昨夜参加した講演会が面白かったので、そのことを。

 

こういう状況なので、ネットでの講演会です。

講師は、キングコング西野さん。

西野さんといえば吉本の芸人さんですが、出版社の人間からしてみると、

絵本作家であり、ビジネス書の著者であり、

そして日本最大のオンラインサロンの主宰者です。

 

西野さんの講演を聞くのはたぶん2度目なのですが、

やはり、面白い。

 

芸人さんなので技術としての話術が面白いのはもちろんですが、

ご自身がものすごくいろんなことをされていて、

しかもそれぞれに深い意味があるので、

実に面白いし、勉強になる。

昨夜は、メモが大学ノート5ページになりました。

 

ただ、このブログで書きたいのは、昨日の内容よりも、

オンライン講演会というものの可能性について。

 

最近、オンラインで落語をアップしている落語家さんも出てきました。

例えば春風亭一之輔師匠。

オンライン落語には寄席とは違った面白さがあるなあ、と感じますが、

講演会もオンラインでできるし、新しい可能性がある、

と思いました。

 

まず、当然のことながら、

キャパシティに制限がない。

会場には大きさがありますから、最大でも千人くらいだと思うんですよ、

講演会の人数って。

しかし、昨夜の西野さんの講演会は、たぶん3万人(もっとかな)が参加してました。

 

2点目。

参加者がチャットで参加できる。

これは春風亭一之輔師匠のYouTube落語の時にも感じましたが、

見ている人が感想をチャットで書き込める。

講演会で、隣に座っている人が何を考えているか、

普通はわからないじゃないですか。

それだけに、参加者が聴きながら書き込める、

というのはとても衝撃的。

昨夜はあまりに人が多くてチャットが膨大なことになり、

一時的に書き込み停止になってましたが。

 

3点目。

1点目に連動しますが、時間の制限がない。

場所を借りているわけではないので、1時間のつもりが2時間になっても問題ない。

(どこかの会議室を借りて、という場合は制限がありますが)

都合が悪くなった聞き手はパソコンを閉じればいいだけで。

昨日の西野さんの講演会も、90分の予定が120分になってました。

(さらにユーチューブライブに移動して喋っていたようです)

 

4点目。

映像を残しやすい。

これは普通の講演会でもできると思いますが、

YouTubeなどに映像を残すことが容易(と言っても私にはできませんが)。

リアルタイムで参加できなかった人も、後から見ることができる。

もちろん、残さないこともできる。

 

というわけで、オンラインでの講演会は、

社会が以前のような状況に戻ったとしても、

引き続きやっていったほうがいいのでは。と思ったのでした。

私の担当作家さんで、お願いできる方、いらっしゃらないかなあ?

 

あ。ただし、喋り手にしてみると目の前に聞いている人がいないわけですから、

普通の講演会とは別の難しさがあるかも、ですが。

 

西野さんの講演会の内容については、

西野さんの本を読んだ後にでも、

改めて書きたいと思います。

(ううむ。いつになるかなあ)

(とりあえず、その前に新刊の販促のこと、書きます)

 

« 自社の新書新刊3冊、読んでみました。 | トップページ | 「炎の千本ノック!2」販促について考える »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自社の新書新刊3冊、読んでみました。 | トップページ | 「炎の千本ノック!2」販促について考える »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31