« 今更ながらのささやかな決意と新刊のご紹介です。 | トップページ | キングコング西野さんのVoicyを聞いてびっくりした理由 »

2020年6月30日 (火)

モスバーガーの看板になぜ惹かれたのか?

Img_0310

 

先日見つけた、モスバーガーの看板。

「音までうまい!」

 

これ、絶妙なコピーだなあと思いました。

美味しいのは当然のことで、それに加えて音までいい、

ということですよね。

 

天ぷらが入っているらしいので、

天ぷらのサクッとかバリッとか、

そういう音がするくらいカリッと揚がってますよ、

つまり天ぷらが美味しいですよ。

ということなんだろうなあ、と。

 

つまり、本来の魅力に加えてもう一つ、

五感に訴える。

 

こういうのを、本の宣伝コピーに真似できないかと、

考えてみました。まるで大喜利だわ。

 

読むという視覚に加えて、

味覚? これはちょっと無理かも。

嗅覚? インクの匂い、というのはあるか。ふむふむ。

聴覚? Q Rコードを印刷して音を流す、というのはできるかも。

と考えていって、「触覚」、つまり手触りがあるぞ。

と思い至りました。

 

手にした時のずっしり感。

表紙の手触り。

髪の質感。

 

本によってはそこら辺をアピールできるかも、

と思いました。

例えば、かなり分厚い本の時に、

「重さもすごい」「重量も横綱級」みたいなコピー。

・・・あまり上手くないなあ。

とりあえず、「五感」に訴える。

というのを覚えておこうっと。

 

世間の看板、それもナショナルチェーンの場合は、

時間と金をかけてることが多いと思うのです。

だから、「面白い!」と思ったら、

その理由を考えたり、

本のコピーに応用できないか(パクるとも言う)考えたり、

するといいのでは、と思ってます。

というお話でした。

 

 

 

 

« 今更ながらのささやかな決意と新刊のご紹介です。 | トップページ | キングコング西野さんのVoicyを聞いてびっくりした理由 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今更ながらのささやかな決意と新刊のご紹介です。 | トップページ | キングコング西野さんのVoicyを聞いてびっくりした理由 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31