« 累計発行部数が1000万部オーバーの書籍編集者さんの本はものすごく勉強になる。 | トップページ | 潜在読者を増やすために。 »

2020年6月22日 (月)

「パン屋ではおにぎりを売れ」ですぐに真似しようと思った3つのこと

Img_0292

 

昨日の続きです。

アスコムの編集者・柿内尚文さんの

「パン屋ではおにぎりを売れ」を読んで、

まねしなくては!と思ったことを書きます。

三つ、あります。

 

・月一回のひとり反省会

ノートを使って、失敗したこと、うまくいかなかったことを

1か月分振り返る。

以前は新刊が出るたびにひとり反省会を行なってメモを作ってたんですが、

最近やってなかったな、ということで。

 

・言葉貯金

魅力的なキャッチコピー、心に響いた名言、気になった言葉、

これらを全てメモする。

心に響いた名言はメモってますが、キャッチコピーはやってません。

これも、以前はやっていたのですが。

 

・考える時間をスケジュールに入れる

考える時間を自分で決めて、スケジュールに組み込む。

重要度は高いのに緊急度が低いことに費やす時間を確保するため。

 

というわけで、学ぶべきことが多いです、この本。

 

 

« 累計発行部数が1000万部オーバーの書籍編集者さんの本はものすごく勉強になる。 | トップページ | 潜在読者を増やすために。 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 累計発行部数が1000万部オーバーの書籍編集者さんの本はものすごく勉強になる。 | トップページ | 潜在読者を増やすために。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31