« 仕事というより実験です。 | トップページ | アマゾンキャンペーン、始めました。 »

2020年7月 3日 (金)

note本社に行って驚いた2つのこと

Img_0345

 

昨日は、外苑前のnote本社に行きました。

note。ご存知の人も多いと思いますが、

文章や映像を手軽に投稿できるサービスです。

ブログのようでもあり、SNSのようでもあり。

 

「あ、この人もnoteを使っている!」

ということがしばしばあります。

毎週聞いているポッドキャストの中の人たちも、

noteに記事を書いているんですよね。

 

月間アクティブユーザーが4400万人とのことで、

例えばスマホとパソコンから入ってくる1人は

2人とカウントするらしいですが、

それにしても、ものすごい数字です。

 

出版社によっては、note記事から著者を発掘したり、

プロモーションに使ったり、というところもあります。

これで有名なのは、早川書房と文藝春秋のようですね。

 

先日、noteの中の人と知り合う機会がありまして、

その辺のことを詳しく聞こうと思って、行ったのです。

 

先ほどのアクティブユーザーの多さを始め、

いろいろ教えていただいたのですが、

特にびっくりしたのは2点。

 

かなりのサービスが無料でできる。

いろいろな課金サービスができる。

 

これはもう、とりあえずやってみるしかない。

と勝手に盛り上がりました。

 

と同時に、知っている出版社はすでにやってるんだよなあ、

と思ったのでした。

100メートル競争ではないですから、

気付いた時からスタートすればいい話ですが、

それにしても、もっと早く知っておけばよかったなあ。

 

ビジネス書ではしばしば、スピードが大事。まず行動。

と買いていて、私も全くその通りと思いますが、

知らないことは行動できないわけで。

情報の適切な収集が大事。

と改めて思ったのでした。

 

と同時に、この拙ブログも、

noteに移行した方がいいんじゃないかしら。

とぼんやり思ったのでした。

とりあえず、編集部のnoteに書いてみなくては。

 

 

« 仕事というより実験です。 | トップページ | アマゾンキャンペーン、始めました。 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仕事というより実験です。 | トップページ | アマゾンキャンペーン、始めました。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31