« 「ドロステのはてで僕ら」をなぜ初日に見に行ったのか? | トップページ | 私はなぜ朝6時10分に自宅を出発したのか? »

2020年7月 7日 (火)

弊社の新書「老いも死も、初めてだから面白い」が面白い理由

Img_0366

 

夜中の3時ごろ、マンションの非常ベルで叩き起こされました。

火災報知器の誤作動とのことで。

というわけで、ちょっとぼんやりしてます。

(あ、いつものことか)

 

今回は新書の宣伝です。

『老いも死も、初めてだから面白い』。後輩担当本です。

 

『家族という病』などのベストセラーで知られる下重暁子先生のご著書。

日々の仕事。老い。そして、死。


扱っているテーマは重めですが、読みやすく、

ユーモアが感じられる文章なのでスイスイと読めます。

それでいて、考えさせられます。

 

今というタイミングでこういうタイトルの本が出せたこと、

偶然ではありますが、凄いことだなあと思います。

« 「ドロステのはてで僕ら」をなぜ初日に見に行ったのか? | トップページ | 私はなぜ朝6時10分に自宅を出発したのか? »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ドロステのはてで僕ら」をなぜ初日に見に行ったのか? | トップページ | 私はなぜ朝6時10分に自宅を出発したのか? »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31