« 難しい仕事でもスイスイできるようになる「ポテトチップス理論」とは何か? | トップページ | 今朝は永井塾で勉強でした。 »

2020年8月 4日 (火)

新聞宣伝で結果を出さなくちゃ。という話

Img_0519 

 

土曜日に現在進行形の記事(ツイッターの出版企画に手を挙げた)を

書きましたが、今日も現在進行形、つまり結論が出てない話です。

なおかつ社内の話なので、ちょっと危険な気もしますが。

ま、ここだけの話、ということで。

 

昨日、社内で会議がありました。

テーマは、次回の新聞宣伝でどの本を扱うか。

 

いつもだと発売して1週間くらいで話し合うので、

売上の数字がそれなりに出ているのですが、

昨日は発売3日後で、データというにはかなり貧弱。

 

で、ノンフィクション系文庫と新書に関してはスムーズに決まったのですが、

単行本に関してちょっと議論しました。

 

先月の新聞宣伝と売上のデータを見て、

単行本全点ではなく1点だけ大きく宣伝しよう、となりました。

ここまではいいのですが、ではどの本にするか。

 

私はAという本を、上長2人はBを、推しました。

上長2人はその新聞の読者層とBの読者層の相性がいいから、という理由。

私はAの本の内容、というか可能性に賭けたいと思って。

 

結論から言うと、私が推すAになりました。

 

これはつまり、責任重大ということでありますよ。

新聞宣伝したから売れた! という結果を出さなくては。

 

というわけで、そのためのアイデアをあれこれ考えてます。

 

新聞宣伝の一番の問題は、その新聞を取っている人にしか伝わらない、

という点。

 

したがって、新聞宣伝当日に、そのことをAの著者さんにツイートしていただく。

これはもうマストと思ってますが、さらに、Aの著者さんのフォロワーさんが

思わずリツイートしたくなるような手はないかなあ。

あれこれ考えてみたいと思います。

 

で、うまくいったらその方法を今後も使えばいいし、

うまくいかなかったらその理由をデータとして

集めたと考えればいいわけで。

 

という、結論の出てない話でした。

 

写真はそんなことと全く関係なく、神保町の名店・キッチン南海の平目フライです。

« 難しい仕事でもスイスイできるようになる「ポテトチップス理論」とは何か? | トップページ | 今朝は永井塾で勉強でした。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 難しい仕事でもスイスイできるようになる「ポテトチップス理論」とは何か? | トップページ | 今朝は永井塾で勉強でした。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30