« 「お疲れ様」が嫌いです。 | トップページ | 『「普通」の人のためのSNSの教科書』が普通の人のために書かれていると思った理由 »

2020年9月14日 (月)

ツイッターにおけるインプレッションとエンゲージメントとは何か

Img_0877

 

先週、知り合いの書店長さんに教えていただいたことを書きます。

これ、知っている人には何を今さらの情報、だと思うのですが、

私には「へえ!」ということだったので、自分へのメモとして書いておきます。

 

ツイッターにおけるインプレッションとエンゲージメントについて、です。

 

書店長さんと「BTS」のことをメールでやり取りしていて、その流れで、

「ツイッターはインプレッションとエンゲージメントを見たほうがいいですよ」

と教えていただいたんですが、この2語がわからず。

で、グーグル先生に教えてもらいました。

 

それによると、「インプレッション」は投稿が表示された回数のこと。

つまり、ツイートがユーザーのタイムラインに表示された回数のことで、

ユーザーが投稿を見る機会がどのくらいあったか、把握できます。

一方、「エンゲージメント」とは、

ユーザーが何らかのリアクションをすることを指します。

リツイートやコメントの入力、「いいね」を押す、

写真やリンクをクリック、プロフィールのクリックなど

 

で、一番驚いたのは、このふたつが簡単にわかるということ。

特別なアプリを入れるとか、グラフを分析するとか、

そうしないとわからないデータのような印象ですが、

そんなことはまったくないのです。そのことに驚きました。

 

自分のツイート個々に、アイコンが4つついてますよね。

左から、メンション、リツイート、いいね、と来て、

一番右側、棒グラフみたいのをクリックすると、

インプレッションとエンゲージメントが表示されます。

そうだったのかあ。簡単すぎる。

 

インプレッションが多いツイートの理由を自分なりに分析すれば、

自分の投稿がより多くの人に見てもらえる、はずです。

 

ちなみに写真は、先週一番インプレッションが多かったツイートです。

この理由は非常にはっきりしていて、

「兒玉遥」という名前を入れていることで、

そのファンの人たちが反応してくれたから、です。

だからといって、投稿に全部「兒玉遥さん」といれるわけにはいかないけれど。

 

ともあれ、大事なデータが案外簡単に手に入る。

という話でした。

« 「お疲れ様」が嫌いです。 | トップページ | 『「普通」の人のためのSNSの教科書』が普通の人のために書かれていると思った理由 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

一度凍結されたので経験したのですがフォロー500の方が 1700のときよりよりインプレッションが二倍三倍

いいねRTには大差なしなのに という経験をいたしました

人気アカウントと絡むと向こうの被フォローの影響で数字がはね上がることもあるでしょうね

ツイッター単独ではなくブログやHPにも誘導する仕組みも?

販促という狙いを隠したキャラで集めて誘導し等々 でしょうか? もろな仕事話は人気ないと思いますなあ。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「お疲れ様」が嫌いです。 | トップページ | 『「普通」の人のためのSNSの教科書』が普通の人のために書かれていると思った理由 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31