« エンタメはメイキングが面白い、と週刊文春の人気コラムが言ってたので。 | トップページ | 杉浦さやかさん関連のツイートを多めにしようと思った理由 »

2020年9月20日 (日)

杉浦さやかさん『ニュー東京ホリデイ』サイン本のお作業を見ていて決意したこと

119632784_3051540634951168_1579336632768

 

一昨日の金曜、編集部にイラストレーターの杉浦さやかさんがいらっしゃいました。

新刊『ニュー東京ホリデイ』の見本本ができたので、それにサインを入れてもらうためです。

販売部が都内の書店さんにお声がけした結果、その数なんと250冊。

当初は400冊だったのですが、編集部から「多すぎる!」と伝え、

厳選してもらいました。

 

あ、サイン本は基本的に返品不可なので、

「ほしい!」とおっしゃる書店さんがないと、

そもそも作れないのです。

売れなかったらといって、出版社に戻せないので。

 

今回は、250冊(当初は400冊)ものサイン本が「ほしい!」と言われたわけで、

これはかなり凄いことだと思います。

 

ただ、杉浦さんの場合はそれぞれのサインにイラストが入ります。

名前をサラサラっと書いて終わり、という普通のサイン本とはわけが違うのです。

というわけで、250冊はかなりの時間がかかるんじゃないかなあ。

と思っていたのですが、予想通りというか予想以上というか、

午後2時に来社されて午後8時まで、200冊できました。

残り50冊はご自宅でやっていただくことになりました。

 

もちろん、途中で休憩はとってくださったと思いますが、

それにしても、6時間ひたすらサイン本づくり。

杉浦さんの熱意に頭が下がります。

 

119659488_3051540328284532_7007875020077

よく言われることですが、本を売ろうと思ったら、

著者と編集者、二人の猛烈な熱意が必要です。

そこからしか始まらない。

イメージとしては、二人の熱意が周囲にじわっと広がっていく感じ。

 

今回、著者がこれだけの熱意を示してくれたんだから、

編集者も頑張らなくては。と改めて思いました。

もっとも今回の新刊、私が担当したわけではないんですけどね。

 

これまで杉浦さんのご本は私が担当してきましたが(一部だけ手伝ったものもありますが)

この本は完全に後輩編集者が担当してまして、中身は私もまだ読んでません。

という状況ではありますが、売り伸ばしに関して私がお手伝いできるところもあるはずで、

がんばりたいと思います。

(読んでいる人は少ないけれど、この記事も宣伝の一つでありますよ)

 

« エンタメはメイキングが面白い、と週刊文春の人気コラムが言ってたので。 | トップページ | 杉浦さやかさん関連のツイートを多めにしようと思った理由 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エンタメはメイキングが面白い、と週刊文春の人気コラムが言ってたので。 | トップページ | 杉浦さやかさん関連のツイートを多めにしようと思った理由 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31