« ちきりんさんの音声コンテンツがかなり面白い、という話。 | トップページ | 青山美智子さんの新刊のリリースが素晴らしい!と思った話 »

2020年11月 4日 (水)

永井孝尚さんのオンラインセミナーでシャープのブランド論を勉強しました、という話。

Sya

 

今朝は永井孝尚さんのオンラインセミナーに参加してました。

いつもだと朝7時までにブログを書き、そこから出社の準備をするのですが、

今日は7時までに朝ご飯を食べてそこから出社の準備、そしてZOOMに入りました。

今さらながらですが、自宅で受講できるのはとてもありがたいです。

そしてそんなわけで、こんな時間に更新してます。

 

永井さんのオンラインセミナーは毎月1回。

テーマは、マーケティングです。

今回は「バイロン・シャープのブランド論」でした。

 

へえ! と思うことが多々ありました。

たとえば、「強いブランドは、たくさんのきっかけで思い出される」

そのきっかけを「カテゴリーエントリーポイント」というんだそうです。

 

たとえば、「喉が渇いた」「すっきりしたい」「スカッとしたい」

そういう時に思い出されるのがコカ・コーラであり、

他のブランドだと思いだしてもらえるきっかけが1個とかゼロ。

 

で、思い出してもらう、つまり脳内の存在感がなかったら、

そもそも選んでもらえないわけです。

 

ここでいきなり書籍編集の話になりますが、

書籍のタイトルとサブタイトル、そして帯のコピー。

これらはすべて、違う切り口で考えるようにしてます。(弊社では)

 

これ、シャープの理論で言うならば

思い出してもらえるきっかけを3つ作ろうとしているわけで、

シャープ的には理にかなってます。なるほど、でした。

 

逆に我々は「ターゲットを明確にせよ」と言いがちですが、

シャープは「マスマーケティングが大事」と言ってます。

 

その成功例が、ユニバーサルスタジオジャパン。

なるほどなあ、と思ったのでした。

 

マーケティングの勉強、もっとしなくては。

« ちきりんさんの音声コンテンツがかなり面白い、という話。 | トップページ | 青山美智子さんの新刊のリリースが素晴らしい!と思った話 »

備忘録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちきりんさんの音声コンテンツがかなり面白い、という話。 | トップページ | 青山美智子さんの新刊のリリースが素晴らしい!と思った話 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31