« 今週できたこと来週やるべきことーーYou Tubeの再生回数が気になる | トップページ | 塵も積もれば山となる。と信じたい »

2021年3月15日 (月)

『7時間で英語が突然ハッキリ聞こえて会話が続く本』は英語本編集の参考になります、という話。

Img_1087

 

英語の本を編集することがあるので(というより、まさに今編集してます)

他社さんから出る英語本が気になります。

最近気になったのが、『7時間で英語が突然ハッキリ聞こえて会話が続く本』。

 

発売1週間足らずで重版したらしいです。

で、読んでみたら確かに勉強になります、この本。

英語学習者にとっても、そして私のような英語本編集者にとっても。

 

自分が発音できない単語は覚えられないし聴き取れない。

英語学習でよく耳にするフレーズです。

本書ではこのセオリーに即して、まず発音できるようにしましょう、と、

英語の発音に時間を割きます。

そこで推奨しているのがカタカナ英語。

さらに、しゃべれないというメンタルブロックを外す章や、

つなぎ語やオウム返しについても詳しく説明していて、

なるほど! と思いました。

 

同時に、本作りで参考になるところが多々ありました。

英語が苦手な人がメイン読者になるわけで、

その人たちに向けて、『敷居」をぐっと下げる工夫をしてます。

 

まず、「7時間」とタイトルに示すことで、それだけでいいんだ! と伝える。

タイトルが非常に重要だなと今更ながらに思います。

 

イラストと会話形式を使って、それぞれの章のポイントを最初の見開きで示す。

日本人は最速で英語を習得できる民族だ、と本書の冒頭で詳しく説明している。

本文に出てくる英文の発音を、著者自身が動画で見せている。

(これ、収録が大変だったのではないかと思います)

本文2色刷りで見やすい。

説明メインのところと英文メインのところで行数を変えている。

東京大学の柳川先生の推薦文を載せている。

著者の経歴を詳しく紹介することで発言に説得力をもたせている。

 

私が編集している英語本で真似できそうな部分もあります。

(2色刷りのところなどなど)

参考にさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

« 今週できたこと来週やるべきことーーYou Tubeの再生回数が気になる | トップページ | 塵も積もれば山となる。と信じたい »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週できたこと来週やるべきことーーYou Tubeの再生回数が気になる | トップページ | 塵も積もれば山となる。と信じたい »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31