« 深く掘ると穴が太くなる、という話。 | トップページ | 火曜の朝は定点観測。 »

2021年4月13日 (火)

ウルトラマンマックスの最終回が素晴らしい、という話。

20210308-224258

 

今年2021年は、ヒーロー物の節目の年、らしいです。

ウルトラマン55周年、

仮面ライダー50周年、

スーパー戦隊もの45周年。

 

ウルトラマン55周年の記念イベントの一つとして、

「ウルトラマンマックス」を、

円谷プロの公式You Tubeチャンネルで公開してました。

(各回2週間限定。最終回は今日4月13日まで)

(ちなみにウルトラマンマックスは今年で15周年)

 

その最終回を昨日観たんですが、びっくりしました。とても面白い。

なぜ面白いと思ったのか。

その面白さを分析すると、30分の中に様々な要素を取り入れていること、

だと思います。

 

隊員の死と復活。

ウルトラマンマックスの死と復活。

主人公の告白(自分がマックスであること)。

そしてエピローグとしての未来。

 

これらをどれも丁寧に描き、

そして最後は見ている子どもたちに

明るいメッセージ(未来は自分で掴み取るもの)を残す。

しかも30分の中で。

いやあ、すごい。脚本が素晴らしい。と思いました。

 

ちなみに、かつて「スーパーマン」はヒロインが死んだときに、

スーパーマンの力を駆使し、地球を逆回転させることで生き返らせるという

とんでもない手段を使いましたが、

ウルトラマンマックスではマックスの力に頼らず、

人工呼吸で、つまり人の力で生き返らせました。

ここも良いなあと思ったところです。

 

このブログは編集者視点で語るというのがテーマなので(そうだったのか…)

強引に本作りに話を持っていくと、

ノンフィクションの書籍において、脚本に相当するのは構成。

ここがしっかりしてないと、面白いものはつくれないなあ。

と思ったのでした。←強引すぎる…。

 

写真は、かわいすぎる隊員・コイシカワミズキ。

長谷部瞳さんが演じてます。

 

 

 

 

 

« 深く掘ると穴が太くなる、という話。 | トップページ | 火曜の朝は定点観測。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 深く掘ると穴が太くなる、という話。 | トップページ | 火曜の朝は定点観測。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31