« 自分に見えている世界だけが世界じゃないよね、という当たり前の話。 | トップページ | 羽生結弦さんの写真集のことをツイートしたら凄いことになった話。 »

2021年4月29日 (木)

新しい生活様式における書店イベント。

Img_1480-2

 

先日、丸善丸の内本店さんに、

弊社の販売部の偉い人と2人、打ち合わせに行ってきました。

著者さんのイベントの打ち合わせです。

 

コロナのせいで、以前のようなサイン会とか講演会とかを、

書店さん店頭で行うことはほぼできなくなりました。

 

しかし、丸善さんでは新しいイベントを始めています。

新しい生活様式における、書店イベントですね。

 

具体的には、zoomを使った講演会です。

書店のスペースではなく、著者の自宅か出版社の会議室で行い、

それを中継する。

 

視聴者は、それを見るためのチケットを書店で購入。

著者の該当する本と一緒だと、格安で買える。

(該当というのは、新刊であることが多いです)

例えば、視聴だけだと1200円、本込みだと本の値段+500円。

そういう仕組です。

 

さらに、全国のどの丸善さんでも、

該当する本を買うと、レシートに、

割引クーポンが入手できるサイトのQRコードが付いている。

 

最後の、レシートに連動しているところが凄い、

と思いました。

 

こういうレシートを出すためには、当然、それなりの対応が必要であり、

書店さんにお願いするしかないのですが、読者にしてみたら嬉しいと思うんですよね。

 

講演会のことを知らずに本を買っても、レシートを見れば、

「割引価格であの著者の講演が聞けるんだ!」となるし、

著者や出版社は、そのことを宣伝に使って、

より多くの人に買ってもらえる(かもしれない)。

 

リアル書店のスペースで行っていては、

その書店に行けない読者には完全に無縁のイベントですが、

Zoomで行うから全国どこからでも見ることができる。

 

これは、新しい生活様式だから始まったイベントですが、

むしろ以前のイベントよりも、

「本を買ってもらう」という本来の目的からすると、

より良いイベント、という気がします。

 

こんな時代だからこそ、したたかに、と申しましょうか。

あのレシートを見せられたときに、感動すら覚えたのでした。

 

あ。そういうわけで、某著者さんの新刊発売記念で、

丸善さんでイベント行う予定です。6月頭に出る英語の本です。

 

« 自分に見えている世界だけが世界じゃないよね、という当たり前の話。 | トップページ | 羽生結弦さんの写真集のことをツイートしたら凄いことになった話。 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分に見えている世界だけが世界じゃないよね、という当たり前の話。 | トップページ | 羽生結弦さんの写真集のことをツイートしたら凄いことになった話。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30