« 今週できたこと来週やるべきことーーパズルのような。 | トップページ | 『貴方のために綴る18の物語』短編18本の3分の1を無料公開! »

2021年5月 9日 (日)

TOEIC本のカバーにはルールがありまして、という話。

51dh35sfa8s_ac_sl260_

 

今日はもう一本書きます。昨日書けてないので。

 

今担当している、TOEIC本について。

(TOEIC本編集者には何を今更のネタですが)

 

TOEICの本のカバーは、事前に、アメリカのETSというところに送らなくてはいけない、

というルールがあります。

ETSというのはTOEICの問題を作成している団体で、

私は本部みたいなところ、と認識してます。

 

このETSから、カバーに関して許諾を貰う必要があるのです。

 

結構細かいルールがありまして、例えば、タイトルの文字の「TOEICテスト」を黒にして、

「炎の千本ノック」を赤字にする、というのはNGです。

TOEICテストの文字の下に模様を入れてはダメ、というルールもあります。

だから、書店のTOEIC本コーナーに行くと一目瞭然ですが、

TOEIC本でデザイン的にメチャクチャ派手なものとか変なものは、

ないはずです。ETSがOKしてくれないから。

 

あ、もちろん、タイトルその他、カバーに入れている説明はすべて英訳して、

カバーと一緒に見せる必要があります。

これは専門の翻訳会社に頼みます。

私にそこまでの英語力がないものですから。

 

翻訳といえば、ここにも謎なルールがありまして。

翻訳の際に「toeic」としてはいけないのです。

「TOEIC」と大文字でないとNG。

でもこれ、翻訳部分の話であって、日本人読者には関係ないんです。

ETSに送る書類だけの話なんですから。

それでも、翻訳時に小文字にしていたら、そこでNG。

 

実は今回、うかつにもその事を忘れていて、

1回NGだったのです。

慌てて大文字にした翻訳文にして(あ、というかしてもらって)、

送り直したのでした。

 

送るといえば、最初の頃、つまり20年ほど前は、

カバーデザインをプリントアウトして、それをフェデックスで郵送してました。

1週間後くらいに、返事がファクシミリで届きます。

しかし、私にはそれを日本語にする英語力がありませんので、

タイトルを翻訳してもらった翻訳会社にそのファクシミリを見せて日本語にしてもらい、

そこでようやく結論がわかる。

 

というわけで、普通の本より10日ほど早めに進めておかないとアウト、

だったのです。

それが今は、猛烈に楽になりました。

 

デザイナーさんから届いたカバーのpdfをETSの担当者にメール添付で送り、

向こうからの返事はグーグル翻訳で即翻訳。

遅くとも2日以内で結論がわかるという、

昔に比べたらスピードが圧倒的に違います。

 

本日は、ETSの謎ルールと、昔はアメリカに送るのが大変でしたという、

昔話回想回でした。

« 今週できたこと来週やるべきことーーパズルのような。 | トップページ | 『貴方のために綴る18の物語』短編18本の3分の1を無料公開! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週できたこと来週やるべきことーーパズルのような。 | トップページ | 『貴方のために綴る18の物語』短編18本の3分の1を無料公開! »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30