« メル全3とは何か?ーー誤字は怖い。 | トップページ | チェックする視点は多いほうがいい−−会議編 »

2021年6月10日 (木)

複数の視点が大事らしい。

Img_1788

 

昨日のブログに、

「ツイッターやブログの誤字が増えた」

といったことを書きましたが、理由ははっきりしてまして。

 

私一人しかチェックしてないからです。

複数の人間がチェック(校正)すれば、誤字はぐっと減るはず。

もっとも、個人ブログや個人ツイッターを複数の人間がチェックするなんてことは、

あまり現実的ではないですが。

 

いわゆる商業出版の場合は、複数の人間がチェックしています。

著者ご本人、編集者、外部校正者。

あと、編集長も。

 

さらに、多くの場合はこれを2度繰り返します。

お原稿を印刷所に渡して活字に組んで(これを初校という)

著者、編集者、外部校正者、編集長がチェック。

で、その初校を印刷所に戻して、修正した活字組を出してもらう。

(これを再校という)

その再校を改めてチェック。

というパターンが多いのです。

 

ものによってはチェックが1回だけのこともありますし、

逆に、さらに活字組を出してもらうこともありますが。

 

これは、チェックする人が複数、というのがポイントだと思います。

印刷所さんとのやり取りを何回繰り返したとしても、

一人の人間しかチェックしないとしたら、

毎回同じところを見落としてしまいそうですから。

 

ただ、これだけのチェックを繰り返しても、

誤字脱字が起きることはあります。残念ながら。

複数の人間がチェックしても見落としてしまいがち、

そういう言葉があるんですよね。

誤字脱字の実例を集めてみようかな。

 

ところで、チェックする人が複数いたほうがいいよね、

という話は校正だけではないわけで、

そのへんの話は明日書きます。

(忘れなければね)

 

写真は本文に一切関係なく、最近食べたお菓子です。

 

« メル全3とは何か?ーー誤字は怖い。 | トップページ | チェックする視点は多いほうがいい−−会議編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メル全3とは何か?ーー誤字は怖い。 | トップページ | チェックする視点は多いほうがいい−−会議編 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30