« 在宅勤務がうまくいった3つの理由 | トップページ | 「地獄の花園」のプロモーションを書籍の宣伝に応用したいんですけど。 »

2021年6月 4日 (金)

読者からの電話が大事と思った昨日の体験。

Img_1650_20210604065201

読者からの電話に、「あ!」となることがあります。

先日6月1日から書店に並んでいる新刊

『1日1分! TOEIC L&Rテスト 炎の千本ノック パート5徹底攻略』

読者からの電話が、昨日ありました。

 

この本に出てくる英文151本、ネイティブが録音しておりまして、

スマホ・パソコンで無料で聴けるようにしています。

 

ところが、昨日の電話は「聴けない」というもの。

帯にも「聴けます」と入れてますから、聴けないとしたら大問題です。

 

事情を詳しく聴いて、「あ! そういうことか」と納得しました。

これまでも「炎の千本ノック」シリーズは音声が聞けるようにしていますが、

これまでは外部のA社、B社の2社にお願いしてました。

それぞれの会社のアプリから聴けるようになっているのです。

 

しかし、今回から、聴けるのはA社のみとしました。

これに対してその人は、B社から聴こうとしていたのです。

 

聴けないのはむしろ当然なんですが、

その人のような人はもっといるのかもしれません。

「今回からはA社でしか聴けませんよ」と説明を入れるべきだったのでは、

あるいは「前回とは全然違いますよ」ということを強調すべきだったのでは、

と思ったのでした。

 

もちろん、言い回しによってはくどくなってしまうし、

今回はじめて買った人には「?」となるかもしれませんので、

言い方には気をつけないといけませんが。

 

今回のような読者の存在に、想像がいってなかった。

これは間違いありません。

その事に気づかせてくれたという点において、

やはり読者からの電話は大事、と思います。

中には「完全に誤読ですよ」という人もいますけどね。

 

 

 

« 在宅勤務がうまくいった3つの理由 | トップページ | 「地獄の花園」のプロモーションを書籍の宣伝に応用したいんですけど。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 在宅勤務がうまくいった3つの理由 | トップページ | 「地獄の花園」のプロモーションを書籍の宣伝に応用したいんですけど。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30