« 「夏への扉」は舞台も映画もいいなあ、という話。 | トップページ | アマゾンのAプラスを登録してみました。 »

2021年7月16日 (金)

『俺は現役だ』の印象的なフレーズを紹介します。

 Img_2051  

7月6日の記事で、神吉晴夫氏の『俺は現役だ』を買った、

ということを書きましたが、今朝はその本の中から、

印象的だったフレーズを書き出すことにします。

 

あ、神吉さんというのは、光文社のかつての社長さんです。

カッパ・ブックスを作った人でもあります。

 

弊社の本づくりはカッパ・ブックスの影響というか、精神を大いに受け継いでいるので、

(光文社の役員だった4人が創業メンバーなので当然なのですが)

本づくりの初心を思い出しました。

 

Img_2052

「この本には必要なムダがない。だから、魅力がないのだ」

 

「一番魅力のある部分を、最初に持ってくる。「がまんして読んでください。

最後は面白くなります」といったって、近ごろの人は、おちついて、おしまいまで読まないんだよ」

 

「漢字の使い方ひとつにも、私たちは心血を注いでいる」

 

「百円出して、百円の値打ちしかない本など作らない。

百円払ってくださった読者へ、本を読む楽しみに、プラス・アルファーを差し上げる」

 

「『頭のよくなる本』と『頭がよくなる本』。この「の」と「が」のちがいがわかるかい、君」」

 

「『英語に強くなる本』は、これを買って机の上におくだけでも、

英語に強くなれるというイリュージョンというか、夢を持たせる」

 

「時間がない、しめきりが迫っている。これでがまんしてもらおうーー

なんて「もう、このへんで精神」がいけないのだ」

 

本づくりの心構えからタイトルの付け方まで、ヒントにあふれている本だと思います。

ここでは省きましたが、働き方全般に対する心構えも。

折に触れて、再読しなくては。と思います。

 

« 「夏への扉」は舞台も映画もいいなあ、という話。 | トップページ | アマゾンのAプラスを登録してみました。 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「夏への扉」は舞台も映画もいいなあ、という話。 | トップページ | アマゾンのAプラスを登録してみました。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30