« 1か月間続けてみてどうなったかのご報告 | トップページ | 中村澄子先生のオンラインセミナー、無事終了しました。 »

2021年7月 2日 (金)

『日本一カンタンな「副業」と「お金」の教科書』から学ぶ本づくりのヒント

Img_1947

 

火曜の朝は、丸善丸の内本店さんに立ち寄ってから出社してます。

で、最近感じるのが投資や副業の本が目立つなあ、ということ。

コロナで自宅時間が増えてそういったことをやる時間が増えたから。

会社の給料だけではいろいろ不安だから。

といった理由なのかな、と思ってます。

 

で、そんな副業の本の1冊、『日本一カンタンな「副業」と「お金」の教科書』

を読みました。

小説仕立てになっているので、とても読みやすいです。

主人公に感情移入しながら読めるから、なんでしょうね。

 

副業のやり方が細かく説かれているというよりは、

副業のための心構え、考え方が詳しく書かれています。

 

副業を6種類に分類しているのが興味深いです。

こういう風に「型」に分けて説明されるととてもわかりやすい。

ということを、今更ながらですが、感じました。

 

本づくりの視点で興味深かったのは、冒頭の10ページがカラーで、

そこに大事なポイントがまとまっているところ。

Img_1948

後半に、実際に副業で成功している人たちのインタビュー記事を載せているのも、

説得力があると感じました。

 

例えばTOEICで高得点を上げるための本をつくるとしたら、

点数の低い主人公の奮闘物語にして、

高得点を上げるための方法論をいくつかの型に分けて説明する、

実際に高得点を上げた人たちの紹介記事を載せる、

といったことが考えられるなあ。

もちろん、さらにプラスアルファの工夫を考えないといけませんが。

 

…と、妄想を広げながら読みました。

 

 

 

« 1か月間続けてみてどうなったかのご報告 | トップページ | 中村澄子先生のオンラインセミナー、無事終了しました。 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1か月間続けてみてどうなったかのご報告 | トップページ | 中村澄子先生のオンラインセミナー、無事終了しました。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30