« 机まわりがスッキリしたので気持ちいいです、という話。 | トップページ | 進むかペーパーレス。私の場合 »

2021年8月11日 (水)

『中退女子の生き方』は予想通り面白かったなあ。

51r8ab0zzs_sx338_bo1204203200_

 

紺野ぶるまさんのエッセイ『中退女子の生き方』を読みました。

高校退学からの引きこもり生活、そして芸人へ。

という紺野さんの半生が描かれてますが、それだけではありません。

むしろそれ以降、芸人になってからの苦労、

家族との関係性などが詳しく描かれていて、

それが非常に読ませます。

だからこのタイトルでいいのかなあ、という気もするのですが、

引きが強いから、やはりこれでいいのか。

 

紺野さんの『下ネタ論』がかなり面白かったので、

この本も期待値を上げて読んだのですが、

予想通り面白かったなあ。

 

「向き不向きはそれほど関係ない」

「天才子役に嫉妬してはいけない」

「アイディアは盗まれてナンボ」

「自虐という名の手土産」

といった項目が特に印象的でした。

ご自身の体のことや母親との関係もかなり赤裸々に書かれていて、

それでいて重くない文章なので、ぐっと引き込まれます。

 

本もかなり読んでいるようで、だからかもしれませんが、

読みやすい、それでいて個性的な文章です。

(単に読みやすいわけではない)

 

紺野さんを知ったのは、笑福亭羽光師匠の真打披露興行。

それを見に行ってなかったら、

未だに知らなかった(少なくとも本は読んでなかった)

と思います。

勝手に、縁を感じております。

 

ヒコロヒーさんやAマッソなど、最近、

女性芸人さんの本がたくさん出ているように思います。

独自の視点を持っているから、面白いエッセイになるのだと思います。

 

私も、女性芸人さんの出版企画を考えたほうがいいのかも。

« 机まわりがスッキリしたので気持ちいいです、という話。 | トップページ | 進むかペーパーレス。私の場合 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 机まわりがスッキリしたので気持ちいいです、という話。 | トップページ | 進むかペーパーレス。私の場合 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31