« いつか来る終わりのために。 | トップページ | 『談志の日記1953 17歳の青春』はファン必読の1冊でした。 »

2022年1月14日 (金)

『ジェイソン流お金の増やし方』は著者の熱量が半端ない本だった。

Img_3355

 

売れてる本には理由がある。

と思うんですよね。

 

というわけで、『ジェイソン流お金の増やし方』を読んでみました。

昨年11月出版ですが、ネット書店アマゾンの上位にずっといます。

連続で1位だったことも。

それでいて、シンプルなタイトル。

これはどういうことだろう、と読んでみました。

 

非常に納得しました。

この手の本は、読者が読み終わったときに、

「よし、自分もやってみよう」という気になることが大事だと思うのです。

その点で、とてもよくできてます。

読了後、投資を始めたくなります。

 

なんなら、読んでいる途中で、ネット証券の口座を開設したくなります。

読むのを中断して口座開設してほしい、と著者本人が勧めていますから。

 

これまで何人もの人に勧めてきたが、実際に始めたのは本当に少ない。

でも始めた人はみな、お金が増えている。

だから読者のあなたも今すぐ、という理論なのです。

 

さらに、その投資が非常にシンプル。

支出を減らして、残ったお金を投資して、待つ。

これだけ。これならやれるかも、という気になります。

 

投資先はアメリカのインデックスファンドがいい。

日本でだったら、楽天証券で「楽天VTI」がいい。

それにはこういう手順でやればいい。

という感じで、実践方法がとても具体的。

 

やる気にさせて、やれるかもと思わせて、

具体的なやり方を示す。

これだと、こちらも「やろう」という気になりますよ。

なにより、著者の熱量が半端ない。

本づくりの上でも、非常に勉強になりました。

 

この週末は、楽天証券を開設しなくちゃ。

 

 

 

 

« いつか来る終わりのために。 | トップページ | 『談志の日記1953 17歳の青春』はファン必読の1冊でした。 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いつか来る終わりのために。 | トップページ | 『談志の日記1953 17歳の青春』はファン必読の1冊でした。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31