« 鹿児島一泊二日。 | トップページ | 「紙の時刻表の配布は終了しました」という時代 »

2022年4月12日 (火)

『佐久間宣之のずるい仕事術』は自社の若手社員に読ませたい仕事本だった。

Img_4017

 

一泊二日で鹿児島に帰省してました。

で、その機中で読んだ1冊が『佐久間宣之のずるい仕事術』。

 

元テレビ東京の社員で、「あちこちオードリー」などを担当している、

佐久間さんの仕事術の本です。

帯に「佐久間さんが20年以上かけて精錬した武器を1500円で買える」

とありますが、まさにその通りで、それこそずるい読書ができます。

 

いい仕事をするためには、穏やかな気分で周りに気を使いながら努力する。

ここに書かれていることは、実は非常にまっとうなことだと思うのですが、

これがなかなかできない。

常に穏やかな気分で仕事をする、なんて私が最も苦手なことですし。

 

そうだよなあ、と思うことがたくさんあって、

これは弊社の若手社員に読ませた方がいい。

と強く感じました。若いうちに実践しなくちゃ。

 

そうだよな、と思ったフレーズは、例えば、

・「楽しそう」を最強のアピールにする

・「まだ早い」をあざとく使え

・リーダーはだれより本気で動け

・興味のない仕事でも、ない仕事を作り出す

・10年後の自分をクリエイターたらしめるのは、今日のインプット

 

佐久間さんの企画の作り方も書いてあります。

いい企画を作りたければルーティンとして取り組もう、として、

「3日に1回、メモを見返す」「2週に1回、ノートを整理する」「月に1回企画書に練り上げる」

これをGoogleカレンダーに「繰り返し」で設定する。

 

これは非常に納得です

私、毎日のように企画メモはつけてるんですが、

それ以降のルーティンができてなかったなあ。

 

若い人向けの仕事本ではありますが、

定年近い私にも、「あの新しい仕事をもっとやってみよう」

という、やる気にさせる本です。ありがたい!

« 鹿児島一泊二日。 | トップページ | 「紙の時刻表の配布は終了しました」という時代 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鹿児島一泊二日。 | トップページ | 「紙の時刻表の配布は終了しました」という時代 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30