« 雑誌「ハルメク」がV字回復した3つの秘密 | トップページ | 今の自分は5つの側面があるらしいという分析 »

2022年5月 9日 (月)

『理系の仕事術』で時間管理について改めて考えてみた。

Img_4271

 

新橋の勉強会でお世話になっている、

井下田久幸さんのデビュー作『理系の仕事術』。

帰省先の鹿児島で読了しました。

 

本書のタイトル、正しくは

『コンペ300勝無敗のエンジニアが教える理系の仕事術』です。

コンペ300勝無敗というのが、すごい。

で、その要諦は、「合理的な努力」なんですね。

無駄な努力をしない、ということ。

 

プレゼン、資料作成、話し方と聞き方、時間管理、思考法。

これらについて、いかに合理的な努力をするかを、

具体的に説明しています。

 

ガチガチの文系の仕事をしている私にとって、

一番勉強になったのは「時間管理」の章です。

 

「アウトプット、インプット、休息を均等に配分する」

「感情が入る余地をなくしてすぐやる人になる」

「人に任せる仕事は先に頼んでしまう」

などなど、なるほどと思うところ多数でした。

 

マインドマップアプリやコピペ専用ツール、

画像ビューア、テキストエディタを使いこなす、

という提案もありました。

具体的なアプリの名前も出てきますので、使ってみなくては。

 

あ、そうそう、本書では電子書籍のことも言及されてます。

紙の本より、速く読めるらしい。

というわけで、久しぶりにキンドルを使ってみようと思ってます。

 

冒頭に書いたように、勉強会でお世話になっているので、

私も何か企画できないかしら、と密かに思っておりました。

そんなわけで、かんき出版さんの「理系の仕事術」というタイトルを知り、

「なるほど!」と膝を打ったのでした。

たしかにこれは、井下田さんらしい切り口であります。

 

 

 

 

 

« 雑誌「ハルメク」がV字回復した3つの秘密 | トップページ | 今の自分は5つの側面があるらしいという分析 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雑誌「ハルメク」がV字回復した3つの秘密 | トップページ | 今の自分は5つの側面があるらしいという分析 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30