« 青山美智子さん『マイ・プレゼント』はさくっと読めるけど味わいはすごく深い。 | トップページ | シリーズ化できて嬉しい2つのこと »

2022年7月27日 (水)

「固定されたツイート」を上手に使っている人たち

Img_4926

 

落語や講談が好きなものですから、

気づいたらツイッターのタイムラインが、

演芸関係多めになってます。特に朝。

 

そのツイートを見て、

「あ、こういう芸人さんがいるんだ」

「こういう落語会があるんだ」と思うことが

しばしばあります。

 

寄席に行って、「あ、こんな落語家さんがいるんだ。気になる!」

と思うこともあります。

(最近だと、小痴楽師匠目当てで行った末廣亭で知った柳亭明楽さん)

 

そういう時に私がまずやることは、ご本人がツイッターをしてないかのチェック。

やっているようであればフォローします。

最近は、特に若手の芸人さんは、ツイッターやっている人多め、

のように思います。

(明楽さんはやってないみたいですが)

 

で、そんなことを繰り返していて気づいたのですが、

そんな芸人さんの中には、

その月の出演情報を、「固定されたツイート」で

ご自身のツイートの最初に置いている人がいます。

 

これ、とても助かります。

ちょっとしたことだけど、大きな工夫です。

 

演芸好きにしてみると、

「この芸人さん気になる!」となったら、

次に気になるのは「どこに行ったら見られるのかな」

 

もちろん、東京かわら版という雑誌を使えば

出演情報はわかりますが、

ご本人のツイッターの最初においてあれば、

探す方としてはそれが一番簡単ですし、正確(なはず)。

 

だから、若手芸人さんたちには是非、

固定されたツイートに「毎月の出演情報」を置いてほしいなあ、

と思うのです。毎月更新するという手間はありますけれど。

 

最初に気づいたのは、田辺いちかさん。

その後、昔昔亭昇さんもやってるなあ。

神田桜子さんもこれに近いことをしているなあ。

と気づきました。

 

と書いていて、「これ、自分もやるべきなのでは」

という結論になりました。

自分が担当させていただいた文庫を、

毎月「固定されたツイート」に置いておく。

私の固定されたツイートを見る人、多いとは思えませんが、

やらないよりはやったほうがいいんじゃないの?

とシンプルに思うわけで。

若手ではないのですが。

今日、やってみよっと。

 

 

 

 

« 青山美智子さん『マイ・プレゼント』はさくっと読めるけど味わいはすごく深い。 | トップページ | シリーズ化できて嬉しい2つのこと »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青山美智子さん『マイ・プレゼント』はさくっと読めるけど味わいはすごく深い。 | トップページ | シリーズ化できて嬉しい2つのこと »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30