« この業界って狭いと改めて思った話。 | トップページ | 起床時間は、与えられた時間を全て満たすまで膨張する。ともっともらしく書いてみる。 »

2022年7月13日 (水)

『ニューヨークが教えてくれた“私だけ”の英語』が英語学習の壁をぐっと低くしてくれます。

Img_4799_20220713065601

 

このところ急に忙しくなってきたのですが、

そんな中、「ニューヨークが教えてくれた“私だけ”の英語』。

ようやく読了できました。

面白い本なので、一気に読了したかったのですが。

 

著者の岡田光世さんは、読売新聞アメリカ現地記者を経て、

現在は作家にしてエッセイスト。

ニューヨーク在住とのこと。

『ニューヨークの魔法』シリーズで知られています。

 

このシリーズ、人気があるんですね。

新刊が出るたびにネット書店アマゾンの上位に来ますし、

私の知り合いも好きだとのこと。

 

本書は、そんな岡田さんの、英語との付き合い方を書いています。

前半は高校以降、英語とどう接し、いかにして英語を仕事にしてきたか。

後半は英語をどう学ぶか。

ご自身のニューヨークでの実体験がかなり描かれてますので、

エッセイとしても面白いです。

 

6章の「英語が好きになる13の方法」は、

英語学習の具体的なヒントがたくさん出てきます。

Siriって英語学習に使えるんですね。

 

英語も話し方が9割、という指摘は、なるほどと思います。

 

英語学習に苦労しているのは日本人だけじゃない。

中学の英語の教科書に勝るものはない。

この2つの指摘は、心強いなあ。

英語学習の壁がぐっと低くなる気がします。

 

岡田さんの他の本も読んでみなくちゃ。

 

 

 

« この業界って狭いと改めて思った話。 | トップページ | 起床時間は、与えられた時間を全て満たすまで膨張する。ともっともらしく書いてみる。 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この業界って狭いと改めて思った話。 | トップページ | 起床時間は、与えられた時間を全て満たすまで膨張する。ともっともらしく書いてみる。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30