« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年8月の11件の記事

2022年8月31日 (水)

アイドル写真集の販促を真似してみたい。

71xpr7tfmpl_ac_ul320_

日向坂46のメンバーが写真集を出す際、

興味深い販促活動を行なっていました。

アイドルの写真集の場合はこれが普通で、

単に私が知らなかっただけかも、という気もしますが。

 

発売までの予約期間を使って、

動画配信サービスShowroomで、

何回かライブ放送を行うのです。

 

例えば先日『やさしい関係』が出た丹生明里さん。

あるいは来月『見つけた』で出る東村芽依さん。

ふたりとも、何回かShowroomを行なっています。

(東村さんは発売前日までさらに数回行うと思います)

 

そのライブ放送で写真集の宣伝をしたり、

ファンからの質問に直接答えたりするわけですが、

同時に、本の予約も行います。

Showroomごとに、異なるポストカードがおまけにつきます。

 

Showroomのサイトの梗概欄に予約ボックスがあり、

そこから予約するとポストカードが写真集についてくる、

というシステムのようです。

 

例えば5回行えば、5枚の異なるポストカード。

熱心なファンだと、それらをコンプリートしたいと考えますから、

一人で複数予約してくれるわけです。

これ、初めて知った時はかなりの衝撃を受けました。

 

私が担当させていただいている作家さんたちの場合、

異なるおまけがつくからといって、

同じ本を複数買ってくださる読者は、そうはいないと思うのです。

(熱心なファンは買ってくださると思いますが)

 

しかし、動画配信サービス、例えばYouTubeやfacebookを使って、

発売直前(例えば前日)にライブ放送を行い、盛り上がる、

見ている人の質問に答えたり本の詳しい紹介を行う、

というのは面白いかもしれません。

SNSで拡散することも可能だと思います。

 

アーカイブとして残しておけば、

宣伝動画としてずっと機能してくれますし。

 

と思っていたら、偶然にも、昨夜、ある作家さんが

発売前日ライブをfacebookで行なっていました。

「これは参考になるかも」と思って見にいったのですが、

リアルタイムで観ていた人は30人ほど。

 

ううむ。この著者さんでこのくらいなのかあ。

かなり有名で、ファンもたくさんいらっしゃる人なんですよ。

 

いやいや、リアルタイムで見てくれる人は30人ほど、

という前提で、後からアーカイブで見てもらうつもりで行えばいいのでは。

とも思います。

やってみなくちゃわからない。

 

ちなみに、丹生さんの写真集の際は、

書店によって(例えばAmazonやTUTAYA)

カバー写真が異なっていました。全部で4種類。

熱心なファンは、4種類の表紙をコンプリートしたくなるわけで。

さすがにこの方法論は、真似できないわ。

 

 

 

2022年8月30日 (火)

青山美智子さんの新作『いつもの木曜日』はやっぱり面白かった!

71ugc2dpj0l_ac_ul320_

 

久しぶりにブログ更新してます。

今月は、あまり書けてないなあ。

その話は改めて書こうと思いますが、

今回は青山美智子さんの新作の話。

 

『いつもの木曜日』です。

タイトルとカバーで、わかる人はわかりますが、

この本、青山さんのデビュー作『木曜日にはココアを』の続編です。

 

『木曜日にはココアを』は、ある喫茶店のお客さんたちの話を描いた短編集。

こちらは、そのお客さんたちの、前日譚。

(その後を描いた作品もありますが)

映画でいうとエピソードゼロ、ですね。

 

青山さんの小説の魅力は、文章の読みやすさ、読後感の良さ(明るく元気になれる!)、

そして短編同士のつながり。

 

この短編の脇役が別の短編の主役になったり、

ある短編でちらっと語られていたことが、別の短編では大きな事件になっていたり。

人間は誰もが主役なんだなあ、脇役だけの人生なんてないよ、

という気になるんですよね。

 

というわけで『木曜日にはココアを」は、

作品間の横のつながりが絶妙に面白いのですが、

今回は前作との関係なので、前作と本書の縦のつながりが面白い。

 

そして、感動的な日の前後も大事な日々なんだ、

という気持ちになってくる。

だから、元気になれるんだろうなあ。

 

あ、前作を読んでなくても面白いですよ。

 

本書を含め、ポプラ社から出ている青山さんの本のカバーには、

ミニチュア作家・田中達也さんの作品が使われてます。

今回もそうなんですが、巻末には青山さんと田中さんのミニチュアも。

青山さん、よく似てます。

 

もう一点、興味深いのは、最後に出てくる著作一覧。

宝島社の作品だけでなく、他社本も写真入りで紹介してます。

この本がデビュー5周年の記念作だから、だと思いますが、

そうはいってもなかなかできることではありません。

 

青山さん、担当編集者さんたちに人気があるんだろうなあ、

と推察しました。

 

というわけで、いろいろ楽しみがありますが、

日頃のあれこれを忘れて小説世界に没入したい、

そしてできれば明日からの活力をもらいたい。

そういうリクエストに応える1冊です、今回も。

 

 

 

2022年8月23日 (火)

『その本は』は人に話したくなる本でした。

81dweoacr7l_ac_ul600_sr600400_

 

今、売れてます、『その本は』。

又吉直樹さんとヨシタケシンスケさんの共著、

という点がまず、すごいです。

この二人に書いてもらうという発想が素晴らしいし、

それを形にしたのがもっと素晴らしい。

 

王様の命を受けた男二人(イラストが又吉さんとヨシタケさんぽい)が

世界を旅して、世界の珍しい本の話を王様にする、というのが基本構造です。

 

又吉さんパートとヨシタケさんパートが分かれてます。

又吉さんの小説にヨシタケさんがイラストを添える、

という形ではないんですね。

 

珍しい本の紹介ということで、最初は大喜利のような、

そんなわけあるか! と突っ込みたくなるような本がいろいろ出てきます。

 

双子の本とか、輪郭がぼんやりしている本とか。

 

それがだんだんと、本をめぐる話になっていき、

「そういうことだったのかあ」と感動する話が増えてきます。

特に、岬と春の本の話は印象的だったなあ。(又吉さんパート)

評判が悪い本の話も、グッときました。(ヨシタケさんパート)

 

大喜利からここまで。

振り幅が大きいです。

 

で、最後は「そうだったのかあ」という展開に。

 

本好きには、とても面白い本だと思います。

装丁も凝っていて、面白いです。

 

 

2022年8月22日 (月)

怒涛の1週間で学んだ集中力の保ち方

Img_5034

 

先週は怒涛の1週間でした。

 

詳細は省きますが、

紀伊國屋寄席(新宿の紀伊國屋ホールにて)

日比谷らくご倶楽部(東京新聞ホールにて)

人形町噺し問屋(三遊亭兼好師匠の独演会)

かけ橋噺(高田馬場ばばん場にて)

一花いちか二人会(神保町らくごカフェにて)

末広亭昼の部

という毎日でした。

 

落語好きではあるのですが、毎日落語会に行くことになるとは。

おそらく、私のサラリーマン人生で初。

そしてたぶん、今後もこんなことはないでしょう。

 

結果的に、毎日がノー残業デー。

 

こうなるとは思ってなかったのですよ。

気になる落語会のチケットを予約しているうちに、

気づいたらこうなってました。

 

で、気づいたら仕事もそれなりに終わってました。

9月売りの文庫も、編集作業は全て終わったわけで。

 

何が言いたいかというと、

1 ノー残業デーを実現したかったら強制的に予定を入れる。

2 残業ができないとわかると仕事に集中する。

この2点。

 

今週も、午後7時から落語会! と自己暗示をかけて、

仕事をしましょうかね。

 

ちなみに、昨日21日(日)は休日出勤。

久しぶりに、集中してました。

 

編集フロアに私しかいなかった。

電話が1本もかかってこなかった。

昼食時に外に出ず、弁当を食べた。

 

この辺が集中できた理由だと思います。

さすがにこれらは、平日は再現しづらいなあ。

弁当買って出社、というのだけは再現できますが。

 

昨日は、巷で話題の崎陽軒シウマイ弁当を自宅近くの売店で

買っていたのです。

今日はセブンイレブンで買ってから会社に行こうかな。

 

ともあれ、集中力をいかにして維持するか。

それが大事みたい。

 

 

 

 

2022年8月19日 (金)

映画キンダムの入場者特典から考えた書籍の販促

Img_5025

 

先日、「キングダム2」を見てきました。

興行収入40億円、なんだそうです。

たしかに、面白い映画でした。

かなりの部分が戦闘シーンなんですが、

単調にならないように工夫をしています。いいなあ。

 

入る際に、入場者特典として小冊子をもらいました。

大ヒット映画、特にコミックが原作の場合、

こういう小冊子をもらうことが多いように思います。

(あ、キングダムもコミックが原作です)

 

Img_5058

今回の小冊子、かなり濃い内容でした。

上の方に書きましたが、戦闘シーンの途中に、

かなりグッとくるドラマシーンが入ってきます。

ここはコミックと異なる展開らしく、

映画化の際に、原作者自身がネームを作っています。

それを公開しているんです。

 

出演者インタビューもあり、全部で80ページ。

ヒット作の入場者特典はすごいなあ、

と改めて思ったんですが、

出版社の人間として興味深かったのはこのあと。

 

この小冊子を配り始めたのは8月11日。

映画公開そのものは7月15日。

 

つまり、最初の1カ月に見た人はもらえない。

完全にリピーター狙いです。

 

こういうのは、映画だとできますが、

書籍だとできないなあ、と思ったのです。

 

本が書店に並んで1カ月経ってから、

「大ヒット御礼」「重版特典」ということで購入者特典をつける。

例えば小冊子とかシールとか。

 

できないことはないですが、

「すでに買った人がもらえないのはまずい」

という意見が出て、たぶん実現できないと思います。

 

これはつまり、書籍ってリピーター購入がめったにないから。

重版のたびに帯のデザインを変える、

という話は聞いたことがありますが、

重版御礼に小冊子をつける、というのは、あるのかなあ。

たぶん、ないと思います。

すでに買った人に悪い、という意見が絶対に出るので。

 

しかし、ここまで書いていて思ったのですが、

「重版御礼」として、例えば著者にオンラインイベントをやっていただく、

で、それは本を持っていれば誰でも参加できる。

こういうのならできそうですね。

ちょっと考えてみようっと。

 

 

2022年8月18日 (木)

『本屋図鑑』の丁寧な本づくりが印象的でした。

Img_5037

 

最近読んで面白かった、『本屋図鑑」

岡山の書店員いまがわゆいさんによる、コミックエッセイです。

ツイッターのタイムラインに、以前、この本のことがたくさん流れていて、

出版関係の間で話題になっているんだな、というのは認識していたのですが、

先日、近くのリアル書店で目にして、

「あ、これだ」と即座に購入しました。

 

書店の仕事を追体験してみましょう、

というコンセプトで、朝から夜まで、

時系列に沿って本屋さんのお仕事が描かれます。

仕事をどういう順番に見せるか、という並べ方の問題がありますが、

時系列というのは、この本においては大正解な気がします。

4コマ漫画の登場人物が皆さん可愛く、本好きで、

グイグイ読めます。

 

コラムもたくさん入っていて、

書店に関するお仕事の詳しい知識が得られます。

 

すbらしいなあと思ったのは、丁寧なつくり。

基本的に4コマ漫画で進んでいくんですが、

それぞれに見出しがあり、

4コマの下に感想的なメモも。

 

Img_5038

 

これをほぼすべての4コマにつけてるわけで、

丁寧だなあ。

 

著者のいまがわさん、本と本屋さんのお仕事が

大好きなんだろうなあ、というのがビシビシ伝わってきます。

ですので、読後感がとてもいい。

 

その一方で、出版社や取次に非常に好意的で、

出版社の社員としてはいろいろ申し訳ないです。

マイナス感情もお持ちだと思うのですが・・・。

 

本好きの人には、是非読んでいただきたい1冊です。

2022年8月17日 (水)

「面白い本は見出しを全部書き出す」

Img_5044

 

昨夜(2022年8月16日)は、

フジテレビ系の「セブンルール」をリアルタイムで視聴。

働く女性が自身に課している7つのルールを紹介する、

というドキュメンタリー番組です。

 

昨夜はダイヤモンド社の書籍編集者・金井さんの特集だったのです。

金井さんとは、金井さんが高橋書店時代に某勉強会で知り合い、

すごい人だなあと思っているうちにミリオンセラーを出版、

(という時系列だったはず・・・)

うわあと驚いていたらダイヤモンド社に移り、そこでもベストセラーを輩出、

今に至ります。

 

7つのルールのうち、

「休日は夫とポケモンカードで遊ぶ」

「小学4年生のままでいる」は真似できないですが、

「面白い本は見出しを全部書き出す」は真似しなくちゃなあ。

 

こういう努力をやはりなさっているんだよなあ、と感じました。

 

「怒られても粘る」

「金太郎飴みたいな本を作る」

「本の表紙は書店で決める」

は初心に戻って、改めて実践しなくては。

 

「本の企画はタイトルから決める」

これは、やはりそうかあ、という思いです。

やっぱりそうなんだよなあ。

 

というわけで、非常に勉強になった30分です。

 

私の偏見かもしれませんが、

この手のドキュメンタリーやドラマの主人公になる編集者って、

雑誌の編集者が多い、と思うんですよね。

(「舟を編む」のように辞書編集者の場合もありますが)

書籍編集者が取り上げられるのは珍しい気がします。

その点でも嬉しいことでした。

 

2022年8月16日 (火)

『この場所、何かがおかしい』は予想通り面白い本でした。

51imjqp3mpl_sx333_bo1204203200_

 

うわ。今月になってから、更新できてませんねえ。

出社前に書くようにしているんですが、

二度寝したり、ワクチンの副反応で熱出たり。

今日は久しぶりに書けます。

 

先日読んで面白かったのが、『この場所、何かがおかしい』。

ツイッターのタイムラインでこの本のカバーを見かけたんですが、

まずそのインパクトにやられました。

なんだこれは?

聖徳太子像なんです。

このカバーから、面白そうというオーラがガンガン伝わってきます。

こういうカバーを作らないとなあ、と自分の仕事を思わず振り返ったのでした。

 

で、読んでみたらやっぱり面白い。

そもそも私、田中聡先生の『地図から消えた東京遺産』を担当させていただいたこともあり、

この手の本が大好きなんですよ。

 

本書の肩書きは「非日常旅エッセイ」。

日本各地の変な場所を取材しています。

 

観光地として有名な清里も、

今はだいぶ印象が変わってるんだなあ。

 

脱力気味の文章。

なんだこれ、という写真。

こんな場所があるんだという驚き。

三位一体で楽しみたい1冊です。

 

最後に訪れているのが、この本の版元である

エクスナレッジさん、というのも、

とても洒落てます。

地下2階が怖いらしい。

 

 

 

2022年8月 9日 (火)

今日中に仕事を終わらせるシンプルな習慣

Img_4996

 

昨日は、10月刊の文庫の仕事をしてました。

9月刊の文庫の仕事も進めなくちゃいけないんですが、

10月の方は著者さんが2人いらっしゃって、

通常よりも時間がかかるのです(たぶん)。

 

というわけで、10月刊の方を先に進めてました。

昨日のお仕事は、2人いらっしゃる著者さんの、

お一人のほうの著者校を転記する、というもの。

 

PDFで赤字をいただき、それを書き写していたんですが、

赤字が文字化けしてまして、作業ができない。

うわあ。大変だあ。と思ったのですが、

右の方をあれこれいじっていたら、ちゃんと読めるように。

嬉しかったなあ。2度とできそうにないですが。

 

昨日の夜は、赤坂に落語会を見にいく予定で、

普通であれば途中で終わらせて

「残りは明日」ということになっていたと思うのですが、

昨日はガシガシと仕事を急ぎ、なんとか昨日のうちに

印刷所さんに渡すことができました。

 

途中で「残りは明日」「明日でいいや」と思わなかったのは

実に簡単な理由でして、印刷所さんに、

「今日中に渡しますから」

と宣言したから。

 

仕事相手に「いつまでに」と宣言する。

地味だけど、効果ありますね。

当たり前か。

 

今進めている仕事を、昨日ノートに書き出したら、

6冊あるみたいです。

この仕事、昨日のうちに終わらせておいて正解でした。

今日は今日で別の本の仕事があるわけで。

 

その日のうちに終わらせたい仕事は、

その仕事相手に「今日中に終わらせますよ」と宣言しちゃおう。

 

さてさて。今日も宣言しなくちゃ。

9月刊の文庫のカバー周り、今日中に終わらせますよ。

(と、ブログに書くんじゃなくて仕事相手に宣言しなくちゃ)

 

というわけで、落語会、5分遅刻したんですけどね。

写真は本文に一切関係なく、コメダ珈琲店のかき氷。

2022年8月 8日 (月)

早朝から学んだ『マネジャーの実像』

41phlifsrjl_ac_ul320_

 

8月になってから、ブログの更新が減ってます。

鹿児島帰省があったからなあ。それが1日、2日。

3日は永井朝活塾というオンラインセミナーが早朝からあり、

これまた書けず。

5日は朝から病院ということで寝坊。

で、6日7日は土日なので更新せず。

 

今月は、じわっと忙しくなっていくんですが、

書けるときに書かなくちゃ。

今日みたいに。というわけで、コツコツ書いていきます。

 

上にちらっと書きましたが、3日は永井朝活塾。

マーケティング経営コンサルタント・永井孝尚氏による、

オンラインのセミナーです。

今月のテキストは『マネジャーの実像』

 

考えてみたら、マネジャーについて学校や会社で、

きちんと学んだことってないんですよね。

現場で学習していくしかない、と言いましょうか。

 

それだけに、貴重な時間でした。

 

マネジメントを「情報の次元」「人間の次元」「行動の次元」

に分けて分析する、というのが興味深いです。

難しいことは、分析して考えるのが大事みたい。

 

マネジャーの実像として、

アート(勘)、クラフト(経験)、サイエンス(分析)

の3点が大事のようです。

3点をバランスよく保たねばならない、というわけではなく、

グループとしてバランスよくなっていればいいみたい。

私の場合はクラフトの貯金だけでやってきたような気がします。

サイエンスが弱いんだよなあ。

 

2022年8月 4日 (木)

白熊だけでなく黒熊もいる

Img_4957

 

久しぶりにブログを書いてます。

コロナの問題があるのでSNSにはさらっと書きにくいのですが、

金曜の夜から火曜夕方まで、鹿児島に帰省してました。

実家ではびっくりするくらい寝坊の日々で、

ブログを書くのをころっと忘れてました。

ちなみに昨日(水曜)は早朝からオンラインセミナーでした。

 

鹿児島には、4月から、月一のペースで戻っています。

実家で暮らしている母親の様子を見るため。

 

ありがたいことに、母親は今のところ元気ですが、

私がもうすぐ定年なわけで、その親ですから、高齢です。

いろいろできないことも増えてます。

 

今回は、あまりにも伸びすぎた雑草を刈るように業者さんに頼み、

もういらないだろうと思われる保険会社2社に

解約の書類を送るように頼みました。

 

来月は、草刈り業社さんに見積もりに来てもらい、

保険会社の書類をチェックするため、

また帰省するつもりです。

 

これだけ帰省が続くと、何かしら楽しみがないと面白くない。

私、飽き性なのです。

少しでも楽しくなるように、

帰省に九州新幹線を使ってみるとか、

鹿児島の銭湯巡りをするとか。

何か変化をつけてみます。

 

今回は鹿児島名物のかき氷・白熊の変種・黒熊を食べることができました。

(写真はその黒熊)

ささやかな楽しみを見つけなくちゃ。

 

今回一番びっくりしたのは、

年寄りと一緒なのでかなりの粗食だったはずなのに、

体重があまり減ってなかったこと。

謎だわ・・・。

黒熊を食べたからかなあ。

 

 

 

 

 

 

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30