« 「面白い本は見出しを全部書き出す」 | トップページ | 映画キンダムの入場者特典から考えた書籍の販促 »

2022年8月18日 (木)

『本屋図鑑』の丁寧な本づくりが印象的でした。

Img_5037

 

最近読んで面白かった、『本屋図鑑」

岡山の書店員いまがわゆいさんによる、コミックエッセイです。

ツイッターのタイムラインに、以前、この本のことがたくさん流れていて、

出版関係の間で話題になっているんだな、というのは認識していたのですが、

先日、近くのリアル書店で目にして、

「あ、これだ」と即座に購入しました。

 

書店の仕事を追体験してみましょう、

というコンセプトで、朝から夜まで、

時系列に沿って本屋さんのお仕事が描かれます。

仕事をどういう順番に見せるか、という並べ方の問題がありますが、

時系列というのは、この本においては大正解な気がします。

4コマ漫画の登場人物が皆さん可愛く、本好きで、

グイグイ読めます。

 

コラムもたくさん入っていて、

書店に関するお仕事の詳しい知識が得られます。

 

すbらしいなあと思ったのは、丁寧なつくり。

基本的に4コマ漫画で進んでいくんですが、

それぞれに見出しがあり、

4コマの下に感想的なメモも。

 

Img_5038

 

これをほぼすべての4コマにつけてるわけで、

丁寧だなあ。

 

著者のいまがわさん、本と本屋さんのお仕事が

大好きなんだろうなあ、というのがビシビシ伝わってきます。

ですので、読後感がとてもいい。

 

その一方で、出版社や取次に非常に好意的で、

出版社の社員としてはいろいろ申し訳ないです。

マイナス感情もお持ちだと思うのですが・・・。

 

本好きの人には、是非読んでいただきたい1冊です。

« 「面白い本は見出しを全部書き出す」 | トップページ | 映画キンダムの入場者特典から考えた書籍の販促 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「面白い本は見出しを全部書き出す」 | トップページ | 映画キンダムの入場者特典から考えた書籍の販促 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31