« 青山美智子さんの新作『いつもの木曜日』はやっぱり面白かった! | トップページ | 『文にあたる』を読んで自分の仕事ぶりをしみじみと振り返る »

2022年8月31日 (水)

アイドル写真集の販促を真似してみたい。

71xpr7tfmpl_ac_ul320_

日向坂46のメンバーが写真集を出す際、

興味深い販促活動を行なっていました。

アイドルの写真集の場合はこれが普通で、

単に私が知らなかっただけかも、という気もしますが。

 

発売までの予約期間を使って、

動画配信サービスShowroomで、

何回かライブ放送を行うのです。

 

例えば先日『やさしい関係』が出た丹生明里さん。

あるいは来月『見つけた』で出る東村芽依さん。

ふたりとも、何回かShowroomを行なっています。

(東村さんは発売前日までさらに数回行うと思います)

 

そのライブ放送で写真集の宣伝をしたり、

ファンからの質問に直接答えたりするわけですが、

同時に、本の予約も行います。

Showroomごとに、異なるポストカードがおまけにつきます。

 

Showroomのサイトの梗概欄に予約ボックスがあり、

そこから予約するとポストカードが写真集についてくる、

というシステムのようです。

 

例えば5回行えば、5枚の異なるポストカード。

熱心なファンだと、それらをコンプリートしたいと考えますから、

一人で複数予約してくれるわけです。

これ、初めて知った時はかなりの衝撃を受けました。

 

私が担当させていただいている作家さんたちの場合、

異なるおまけがつくからといって、

同じ本を複数買ってくださる読者は、そうはいないと思うのです。

(熱心なファンは買ってくださると思いますが)

 

しかし、動画配信サービス、例えばYouTubeやfacebookを使って、

発売直前(例えば前日)にライブ放送を行い、盛り上がる、

見ている人の質問に答えたり本の詳しい紹介を行う、

というのは面白いかもしれません。

SNSで拡散することも可能だと思います。

 

アーカイブとして残しておけば、

宣伝動画としてずっと機能してくれますし。

 

と思っていたら、偶然にも、昨夜、ある作家さんが

発売前日ライブをfacebookで行なっていました。

「これは参考になるかも」と思って見にいったのですが、

リアルタイムで観ていた人は30人ほど。

 

ううむ。この著者さんでこのくらいなのかあ。

かなり有名で、ファンもたくさんいらっしゃる人なんですよ。

 

いやいや、リアルタイムで見てくれる人は30人ほど、

という前提で、後からアーカイブで見てもらうつもりで行えばいいのでは。

とも思います。

やってみなくちゃわからない。

 

ちなみに、丹生さんの写真集の際は、

書店によって(例えばAmazonやTUTAYA)

カバー写真が異なっていました。全部で4種類。

熱心なファンは、4種類の表紙をコンプリートしたくなるわけで。

さすがにこの方法論は、真似できないわ。

 

 

 

« 青山美智子さんの新作『いつもの木曜日』はやっぱり面白かった! | トップページ | 『文にあたる』を読んで自分の仕事ぶりをしみじみと振り返る »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青山美智子さんの新作『いつもの木曜日』はやっぱり面白かった! | トップページ | 『文にあたる』を読んで自分の仕事ぶりをしみじみと振り返る »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28